So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鍋焼きうどんは冬の季語 [日記]

県庁所在地である千葉市に立川談春師匠の落語を友人と二人で聴きに行きました。
談春師匠にとっては2019年最初の公演だそうで、語ってくれた演目は『短命』と『明烏』の二題です。

img011.jpg


落語のまくらに、大ヒットドラマ『下町ロケット』の裏話をたくさん聞かせてくれました。談春師匠ですから、落語の本題だって勿論本寸法です。


千人分笑う隣席初笑い 粋田化石


隣の席に居たご婦人は他の人が笑わないところでも手をたたきながら常に大笑いをしていました。落語家さんにとっては、笑いのペースメーカーとして貴重な客かもしれません。



十五時に始まった落語会が終了したのが十七時過ぎ。会場の外に出るとやっぱり冬の夜でした。
友人と居酒屋を兼ねたような蕎麦屋に入り、二人で鍋焼うどんを注文。

DSC_5213.JPG



メニュー閉じ先ずは鍋焼頼みけり 粋田化石


寒かったのでメニューはあまり見ずに、まず鍋焼きうどんを注文しました。


千葉までは車で行っていたので、酒は飲まずに帰りました。


【 笑初 わらひぞめ 】 初笑  (季新年)
正月になって初めて笑うこと。昔から和気あるところには、おのずから吉祥来るといって、正月、なごやかな笑い声が上がった時などに、初笑といって、めでたいものとする。(角川合本俳句歳時記第四版)

【 鍋焼 なべやき 】  鍋焼饂飩(なべやきうどん)  (季冬)
古くは、土鍋に鶏肉・魚介類・芹・ 慈姑くわい などを入れ、醬油や味噌の味で煮ながら食べるものを指した。今では鍋焼饂飩をいう場合が多い。(角川合本俳句歳時記第四版)







nice!(30)  コメント(2) 

十二月の夢 [日記]

子猫が二匹で「きよしこの夜」を歌っている夢を見ました。近来稀に見る楽しい夢でした。
猫の声を編集して作成した『Meowy Christmas』というクリスマス曲集のCDを聴いているうちに眠ってしまったので、そんな夢を見たのだと思います。眠っていても音は聞こえているのですね。
いつもなら夢を見てもその内容はたいてい直ぐに忘れてしまうのですが、今回は黒白二色の子猫が二匹並んで「きよしこの夜」を歌っている映像をはっきりと覚えています。

jinglecats.jpg



『Meowy Christmas』のCDは現在でもAmazonで購入できるようですので、興味のある方は是非聞いてみてください。
実は粋田化石は『小鳥たちの歌うクリスマス』というCDも所有していて、どちらかと言うと『小鳥たち・・・』の方がお気に入りです。『小鳥たちの歌うクリスマス』は7netの通販サイトに在庫があるようでした。

christmasnoel.jpg



夢で猫きよしこの夜師走なり 粋田化石



因みに、『子猫』は春の季語なので句では猫とさせていただきました。

【 師走 しはす 】  極月(ごくげつ)  臘月(らふげつ)  (季冬)
旧暦十二月の異称。新暦の十二月の名称としても通用している。僧(師)が馳せ走る月だからなど、語源には諸説がある。↓十二月





nice!(30)  コメント(0) 

落語ガールズ [日記]

img006.jpg


十五日土曜日に『落語ガールズSPECIAL』という落語会に行ってきました。

img003.jpg


出演は
昼の部:柳家花ごめ、立川こはる、橘ノ双葉、古今亭駒子、柳家さん喬
夜の部:三遊亭遊かり、林家 扇、春雨や風子、川柳つくし、柳亭市馬
です。

一年前に、流派や協会の枠を超えて東京の女性落語家が集まって結成されたのが“落語ガールズ”。その落語ガールズたちの噺(はなし)を聞く会です。
少し早めに会場に行くと、落語ガールズの皆様がロビーでチラシの綴じ込みを行っていました。また昼の部には夜の部の出演者が、夜の部には昼の部の出演者が捥(も)ぎりも。ゲスト出演の「柳家さん喬♂」、「柳亭市馬♂」両師匠をお目当てに行った私は、そんな落語ガールズたちの一生懸命な姿を目の当たりにしてちょっと恥ずかしくなってしまいました。勿論、昼の部・夜の部全て聴きましたよ。
女性の落語家の心地よい調子の語り口にすっかり魅了されてしまった私。これからも彼女たちの噺を聴きに行きたいと思った夜でした。


優形の高座舞い立つ雪女郎 粋田化石



冬の日らしいとても寒い日に女流落語を聴いたので『雪女郎』という季語を用いました。
『雪女郎』の『女郎』は遊女のことも指しますが、若い女性という意味も持ちます。優形は「やさがた」と読んでください。

番組後のお楽しみコーナーは写真撮影可でした。SNSにアップして下さいとのことでしたのでこうして記事にしてしまいました。

DSC_0344.JPG

向かって右端の林家 扇(せん)さんは、髪の毛を笑点に出演している師匠の黄色い着物と同じ色にしたと話していました。



折角ですので、『落語ガールズ』たちの出演予定も一枚貼り付けておきます。

img005.jpg


【 雪女郎 ゆきぢよらう 】 雪女  (季冬)
積雪に長く封じ込められる雪国の伝説や昔話に現れる雪の精。白ずくめの女の姿だとされ、幻想的な季語である。(角川合本俳句歳時記第四版)

やさ‐がた【優形】
[名・形動]
[1] 姿かたちが美しいこと。上品にすらりとやせていること。また、そのさま。「―な(の)人」
[2] 気だてや振る舞いなどのやさしいこと。しとやかで優美なこと。また、そのさま。
「かの女法師―なる声して」〈浮・椀久一世〉
[類語] 優雅・優美・高雅・典雅・風雅・上品・ゆかしい・奥ゆかしい・しとやか・たおやか・みやびやか・みやび・女性的・エレガント・ドレッシー
(大辞泉第二版)


nice!(21)  コメント(0) 

十二月 [日記]

DSC_4983.JPG


歳時記で調べてみると『十一月』は新暦の十一月のことだそうです。それでは旧暦の十一月はどう表現すればよいのでしょうか。『霜月』とすれば旧暦の十一月のことだと判ります。
更に『十二月』を歳時記で調べてみました。歳時記によると『十二月』は新暦の十二月のこと。『師走』は旧暦の十二月のことであるが、新暦の十二月としても通用するそうです。

DSC_4996.JPG


さて、今日十二月一日に甥の結婚式がありました。
笑いあり涙ありの素晴らしい結婚式でした。お陰様で、今年最後の月である十二月の初日が素敵な一日となりました。

DSC_4985.JPG


寿ぎと笑みで始まる十二月 粋田化石


DSC_4992.JPG



【 十二月 じふにぐわつ 】  (季冬)
一年の最後の月。日ごとに寒さが加わり、草木は枯れ蕭条とした景が広がるが、街はクリスマスや歳末を迎える人出で賑わいを見せる。↓師走(角川合本俳句歳時記第四版)

【 師走 しはす 】  極月(ごくげつ)  臘月(らふげつ)  (季冬)
旧暦十二月の異称。新暦の十二月の名称としても通用している。僧(師)が馳せ走る月だからなど、語源には諸説がある。↓十二月(角川合本俳句歳時記第四版)

こと‐ほぎ【寿ぎ/言祝ぎ】
《上代は「ことほき」》ことほぐこと。言葉で祝うこと。祝賀。「新年の―」
(大辞泉第二版)






nice!(34)  コメント(6) 

ドーリーム・ベースボール [日記]

DSC_4850.JPG


宝くじスポーツフェア『ドリーム・ベースボール』の試合が我が町でありました。

DSC_4864.JPG

ドリームチームの選手は
監督:金田正一(元巨人)

選手:谷沢健一(元中日)  定詰雅彦(元ロッテ)  高橋尚成(元巨人)
   堀内恒夫(元巨人)  桑田真澄(元巨人)   長谷川昌幸(元広島)
   加藤秀司(元阪急)  鈴木 健(元ヤクルト) 澤井良輔(元ロッテ)
   村田兆治(元ロッテ) 石毛博史(元巨人)   桜井広大(元阪神)
   大島康徳(元日本ハム) 前田幸長(元ロッテ)  中西健太(元ソフトバンク)
   松永浩美(元ダイエー)  仁志敏久(元巨人)   村上隆行(元近鉄)
   本間 満(元ソフトバンク)
という錚錚(そうそう)たる顔ぶれです。

DSC_4856.JPG


そのドリームチームと我が町の選抜チームが戦いました。

DSC_4897.JPG


途中雨が降ったり止んだりの悪天候でしたが、往年の名選手たちを目の当たりにできたので楽しいひと時でした。

DSC_4882.JPG


DSC_4929.JPG


ピッチャーマウンドに上がった元ロッテの村田兆治さん(69)が、昔と同じ投球フォームで投げてくれたのには感激してしまいました。

DSC_4923.JPG



鉞や兆治が払う秋時雨 粋田化石



鉞(まさかり)は村田兆治さんの『まさかり投法』を捩(もじ)っています。

写真の周囲が黒いのは双眼鏡の接眼レンズにスマホをくっつけて撮影したからです。



【 秋時雨 あきしぐれ 】 (季秋)
晩秋に降る時雨のことで、うら寂しさが漂う。↓時雨(冬)(角川合本俳句歳時記第四版)

まさかり【×鉞】
[1] 伐木用大形の斧(おの)。古くは武器・刑具にも用いられた。
[2] 紋所の名。
[類語] 斧・鉈・手斧(ておの)・手斧(ちょうな)
(大辞泉第二版)




nice!(18)  コメント(4) 

さくらんぼ [日記]

さくらんぼ


さくらんぼ (3).JPG


今年も少しですがさくらんぼが生りました。
さて、このさくらんぼですが、毎年熟す前の少し酸っぱさの残る実を食べるのが恒例になっています。というのも、完全に熟すのを待っていると先に鳥が食べてしまうからです。完全に熟していなくても、鳥に食べられてしまっては悔しいので一応早起きなどをして収穫します。
手の届かない高いところに生っている実は鳥に譲っています。

さくらんぼ (2).JPG



さくらんぼ (4).JPG



三つ四つ鳥に譲りてさくらんぼ 粋田化石




さくらんぼ (1).JPG



さくらんぼ鳥を出し抜く酸っぱさよ 粋田化石




【さくらんぼ】  桜桃(あうたう)の実(み)  桜桃  (季夏)
バラ科の落葉高木、西洋実桜の実をさすのが一般的。直径一・二~二・五センチの球形で、色は淡紅・赤黄・真紅。 艶つや があり美しい。美味で初夏の果物として喜ばれる。栽培には冷涼な気候に適する。最近はアメリカ産のダークチェリーも輸入が自由化され出回るようになった。↓桜の実 (角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(24)  コメント(0) 

柊(ひいらぎ)植える [日記]

節分の日に関心を抱いた『柊』を早速求めました。よく見ると日本の柊とはちょっと違うみたいですが、柊ですので細かいことは大目に見ていただきましょう。
これまでの人生で、風水とか占いとか陰陽道を信じてきたわけではないのですが、柊は邪気を祓うということなので鬼門である北東に植えることにしました。こんなことをするなんて、私も爺さんになった証拠かもしれません。
さて、植える場所が北東ですし、しかもその方向には隣家があって日当たりが悪い場所ばかり。何とか西日が当たる場所に植え付けました。
植物のことは詳しくないので、植えた後に本当にこんな寒い時期に植えて大丈夫なのだろうかと少々不安です。
まだまだ身の丈50㎝ほどの柊ですが、早く大きくなって我が家を守っていただきましょう。

柊の木 (4).JPG



北東に柊植うる古きわれ 粋田化石


柊の木 (7).JPG



鬼門から柊家を見つめけり 粋田化石




おんよう‐どう【▽陰陽道】オンヤウダウ
中国伝来の陰陽五行説に基づき、天文・暦数・卜筮(ぼくぜい)などの知識を用いて吉凶・禍福を占う方術。朝廷は早くからこれを採用、陰陽寮を設け、平安時代には全盛を極めた。おんみょうどう。(大辞泉第二版)

き‐もん【鬼門】
[1] 陰陽道(おんようどう)で、邪悪な鬼が出入りするとして万事に忌み嫌われた艮(うしとら)(北東)の方角。また、その方角にあたる場所。
[2] 行くと悪いことに出あう場所。また、苦手な人物や事柄。「あそこの家はどうも―だ」「数学は―だ」(大辞泉第二版)

ひいらぎ【×柊/×疼木】ひひらぎ
[1] モクセイ科の常緑小高木。山地に自生。葉は卵形で厚く、縁にとげ状のぎざぎざをもち、対生する。雌雄異株。10、11月ごろ、香りのある白色の小花を密生し、楕円形で黒紫色の実を結ぶ。生け垣や庭木とされ、材は器具・楽器・彫刻などに用いられる。節分には悪鬼払いとして、枝葉にイワシの頭をつけて門口に挿す。ひらぎ。《季 冬》「―の花にかぶせて茶巾(ちゃきん)干す/みどり女」
[2] スズキ目ヒイラギ科の海水魚。全長約15センチ。体色は青みを帯びた銀白色。体は卵形で体高が高く、側扁が著しい。ひれに小さなとげをもつ。口は小さいが長く伸ばすことができ、食道を取り巻いて発光細菌が共生していて発光する。本州中部以南に産し、食用。《季 秋》(大辞泉第二版)






nice!(20)  コメント(3) 

さて、この二人は誰でしょうか。 [日記]

さて、この二人は誰でしょうか。

img_01.jpg


一月五日の全国紙に掲載された広告の写真です。宝島社のHPhttp://tkj.jp/company/ad/2018/)より拝借しました。


向かって左が「アラン・ドロン」、右が「ジャン=ポール・ベルモンド」です。お二人とも、少し年配の映画ファンであれば知らない人は居ないであろうフランスの名優ですね。その二人が揃って日本の広告に登場してくれました。

ジャン=ポール・ベルモンド」は2008年以降映画に出演していませんので、日本にいる私には彼の情報はなかなか伝わってきませんでした。今回は八十四歳になったベルモンドのお顔が拝めて嬉しかったので記事にしてしまいました。
我が家は全国紙を購読していないので宝島社のHPからベルモンドのお顔を拝ませていただきました。

ジャン=ポール・ベルモンドとアラン・ドロンは映画ではほんの数回しか共演していません。その中の一つに「ボルサリーノ」(1969年フランス、監督:ジャック・ドレー)があります。その題名にもなった帽子屋さん「ボルサリーノ」が昨年12月に破産手続きの申請をしたというのをAFPの記事で読んでいましたので、今回お二人の顔を拝見した時には歳月というものを改めて感じてしまいました。


冬帽子脱ぎし二人が肩を組み 粋田化石



【 冬帽子 ふゆぼうし 】 冬帽  (季冬)
冬にかぶる防寒用の帽子。↓夏帽子(夏)(角川合本俳句歳時記第四版)


実は粋田化石は少年時代よりジャン=ポール・ベルモンドが大好きで、現在も友人の白野弁寿(しらのべんじゅ)と二人で『みんなベルモンドが大好き』(http://movie.geocities.jp/la_bande_a_bebel/)というホームページを運営しています。『みんなベルモンドが大好き』は世界一詳しい(自称)ベルモンドのHPです。興味のある方は是非ご覧ください。

白野弁寿という名前はもちろんペンネームで、エドモン・ロスタンの戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』に由来しています。随分以前に『シラノ・ド・ベルジュラック』が日本で時代劇化された際の題名が『白野弁十郎』だったそうです。友人はそれを捩(もじ)ってペンネームにしてしまいました。








nice!(25)  コメント(4) 

新春浅草歌舞伎・・・雪 [日記]

「雪が降る」「雪が降る」と大騒ぎの関東地方でしたが、その状況下に東京へ行ってきました。目的は毎年恒例の『新春浅草歌舞伎』の見物です。

雷門.JPG

提灯の底.JPG
あまり注目されませんが大提灯の底には龍の彫刻があります


自宅を出発するときは曇り空。浅草に到着したら小雨が降っていました。小雨なので傘を差さずに仲見世通りを抜けて浅草寺に向かったのですが、平日午前中の浅草は日本語よりも外国語の方が多く聞こえてくる感じです。

仲見世通り2.JPG



外国語飛び交いし街雪催 粋田化石



仲見世通り.JPG


【 雪催 ゆきもよひ 】 (季冬)
雲が重く垂れ込め、今にも雪が降ってきそうな空模様。(角川合本俳句歳時記第四版)


井戸.JPG


浅草寺境内脇の公園になっている所には昔ながらの井戸があります。「手洗用」と書いてありました。

浅草寺.JPG


参拝を済ませた後、これも恒例なのですが『人形焼き』を買いました。私は毎回浅草寺に一番近い「木村家本店」というお店で買っています。

人形焼き (2).JPG



初芝居人形焼きを八個買い 粋田化石



人形焼き (1).JPG


【 初芝居はつしばゐ 】 初春狂言 春芝居 初曾我(はつそが) 二(に)の替(かはり) (季冬)
正月に行われる歌舞伎などの芝居興行を初芝居といい、春芝居とも呼ぶ。京阪では二の替とも呼ぶ。出し物も派手で華やかなもの、めでたい狂言などが選ばれる。劇場も新春らしく賑やかに美しく飾られ、晴着姿の女性が行き交うロビーも華やぎがある。かつての初芝居には、必ず曾我狂言を加えるなどさまざまなしきたりがあったが、今ではそれほど厳密ではない。(角川合本俳句歳時記第四版)


参拝の後は、時間があれば浅草寺周辺を散策しようかとも思っていたのですが、寒かったので芝居の会場である浅草公会堂へ行きました。

ダジャレかるた (3).JPGダジャレかるた (2).JPG


仲見世通りから伝法院通りを通って浅草公会堂へ向かいました。この伝法院通りには『いろはがるた』を捩(もぢ)った特大のかるたが並んでいます。歩きながらこれを見るのも浅草の楽しみの一つです。浅草公会堂に到着して暫くすると、外は霙(みぞれ)になっていました。

ダジャレかるた (1).JPG



私が見物した芝居は午前十一時から始まる第一部です。
演目は
一、 『義経千本桜』 鳥居前
二、 『元禄忠臣蔵』 御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)

です。

リンクを張ってありますので興味のある方はご覧ください。

浅草歌舞伎は若手の役者たちが大きな演目を演じて見せてくれる芝居です。最近TVなどでもよく見かける尾上松也(おのえまつや)さんがすっかり歌舞伎役者らしくなってきました。また、故坂東三津五郎さんの息子、坂東巳之助さんもめきめき腕を上げてきました。

定式幕.JPG
定式幕


芝居の幕が下りて会場の外へ出ると雪になっていました。道路には積もっていませんでしたが、とても寒くて積もりそうな気配です。例年でしたらどこかで一服してから帰路につくのですが、わき目もふらすにバスに乗りました。

雪の仲見世通り.JPG



本物の雪に震えし芝居あと 粋田化石



芝居の雪は舞台の上だけ降っていて冷たくありませんが、本物の雪はどこまで行っても雪でしかも冷たいです。

車窓より2.JPG


寒々とした景色をバスの車窓から眺めながら帰宅。


車窓より.JPG



雪の庭.JPG


帰宅して暫くすると、雪が積もり始めました。ここいら辺は積雪することが殆ど無いので、このくらい積もると怖くて身動きがとれなくなります。完全に閉じ込められてしまった感じです。


二センチで閉じ込められし雪女郎 粋田化石


【 雪女郎 ゆきぢよらう 】 雪女 (季冬)
積雪に長く封じ込められる雪国の伝説や昔話に現れる雪の精。白ずくめの女の姿だとされ、幻想的な季語である。(角川合本俳句歳時記第四版)


明日は早起きしてタイヤチェーンを装着することになりそうです。



【 雪 ゆき 】 六花(むつのはな) 小雪(こゆき) 大雪(おほゆき)  深雪(みゆき)   粉雪(こなゆき) 粉雪(こゆき)  細雪(ささめゆき) 小米雪(こごめゆき)  新雪(しんせつ) 根雪 飛雪 雪明り  暮雪(ぼせつ)  雪晴(ゆきばれ) 深雪晴  (季冬)
大気中の水蒸気が冷えて結晶となり、地上に降ってくるもの。また、それが降り積もったもの。北海道や北陸、東北の日本海に面した地方は有数の多雪地帯で、数か月の間雪に閉じ込められることもある。雪のために被る被害は大きいが、半面豊かな水資源となり豊穣をもたらす。古来、「雪月花」の一つとして愛でられてきた。雪の結晶は多く六方晶系の結晶となるため「六花」ともいう。(角川合本俳句歳時記第四版)


nice!(12)  コメント(0) 

健診の果てに [日記]

年一回の健康診断に行ってきました。
健診の前だからと言って特に自制していたわけではないのですが、終わると何となく開放感がありますね。ここ数年は健診の後にパーキングエリアに寄って蕎麦を食べるのが恒例になっています。本日も勿論蕎麦を食べてきました。ちょっと贅沢をして「かき揚げ天そばミニカレーセット750円」を食べました。

かき揚げ蕎麦ミニカレーライスセット750円 (1).JPG


本日の千葉県東部地方は気温が15℃ほどありたいへん気持ちの良い日和でしたので、蕎麦を食べた後は少し日向ぼっこをして家に帰りました。

かき揚げ蕎麦ミニカレーライスセット750円 (2).JPG



健診の果てに大食い日向ぼこ 粋田化石



【 日向ぼこ ひなたぼこ 】 日向ぼつこ 日向ぼこり  (季冬)
日の短い冬は暖かい日向が恋しい。わずかな日に温まろうとして昼の一時を味わうのは至福のひと時である。(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(14)  コメント(2)