So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

家の中に守宮(やもり)がいました [俳句]

今日11月7日は旧暦では9月30日です。秋の終わりに夏の季語で恐縮です。

家の中に全長5㎝ほどの小さな守宮(やもり)がいました。写真を撮った後外に放そうと思いましたが、私の武骨な手で捕まえると潰してしまいそうなくらい小さな守宮でした。そこで、上からコップを被せて捕獲し、外に逃がしました。ちゃんと冬眠して、来春また来てください。

yamori (1).JPG



二寸でも忍者守宮は壁駈ける 粋田化石


壁を駈けていく守宮はまるで忍者のようです。




yamori (2).JPG



太き指守宮広げて考える 粋田化石


守宮が立ち止ったとき、太い指と傾(かし)げた頭が目につきました。頭を傾げると何かを考えているようです。



【 守宮 やもり 】  壁虎(やもり) 家守  (季夏)
蜥蜴とかげ によく似たヤモリ科の 爬虫類はちゆうるい 。夏の夜出てきて小さな昆虫類を食べる。指の裏に吸盤を持つ。壁・天井・雨戸・門灯などに手を広げてぴったりと吸いついている。(角川合本俳句歳時記第四版)




nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。