So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

色鳥(いろどり) [俳句]

今回はあまり馴染みのない季語『色鳥』です。

尉鶲♀ (2).jpg尉鶲♀ (1).jpg

尉鶲(じょうびたき)♀



色鳥や翼の裏のつづまやか 粋田化石



尉鶲♂ (2).jpg尉鶲♂ (1).jpg

尉鶲(じょうびたき)♂


俳都松山『俳句ポスト365』に投稿した句です。
秋になると日本に渡ってくる美しい小鳥のことを『色鳥 いろどり』と言います。
身近なところでは『尉鶲 じょうびたき』をよく目にしますね。
『つづまやか』は漢字で『約やか』。地味とか質素という意味です。
色鳥たちも翼の裏側は地味な色をしていたりします。そんな様子を句にしました。

【 色鳥 いろどり 】 (季秋)
秋、渡ってくる小鳥類のうち、 花鶏(あとり)・ 真鶸(まひわ)・ 尉鶲(じようびたき)など色とりどりの美しい鳥を総称して色鳥という。(角川合本俳句歳時記第四版)


つづま‐やか【約まやか】
[形動][文][ナリ]
[1] 簡潔で要を得ているさま。てみじかなさま。
「歎願なせる趣きを右小弁家の宛(あて)にして最(いと)―に記されたり」〈染崎延房・近世紀聞〉
[2] 控えめで質素なさま。つつましいさま。「―な暮らし」
「―に暮らす親一人子一人の京の住居(すまい)に」〈漱石・虞美人草〉
[類語] (2)質素・簡素・つましい・地味
(大辞泉第二版)

画像は全てフリー素材です

nice!(29)  コメント(2) 

nice! 29

コメント 2

旅爺さん

『つづまやか』は初めて聞く言葉なので検索してみました。
なるほど翼の裏はどの鳥も質素でつづまやかですね。
by 旅爺さん (2018-10-28 08:59) 

粋田化石

旅爺さん様、有難うございます
『つづまやか』は、とても美しい響きの言葉でしたので使ってみました
by 粋田化石 (2018-10-28 20:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。