So-net無料ブログ作成

初鰹 [俳句]

俳句の街まつやま俳句ポスト365』で現在発表中の兼題は「初鰹」。今の時期にぴったりな兼題です。

初鰹 (2).jpg


私が投稿した句です


初鰹洗濯物の白靡き 粋田化石



初鰹 (1).jpg



初鰹タイムセールのシール待ち 粋田化石



一句目は少し真面目に考えました。初夏らしい爽やかな空と風に靡(なび)く洗濯物の白、そこに初鰹を合わせてみました。
二句目はちょっとふざけて、スーパーマーケットの鮮魚売り場の光景を詠みました。


【 初鰹 はつがつを 】  初松魚(はつがつを)  (季夏)
鰹は黒潮に乗って北上するが、遠州 灘なだ を越えて 伊豆いず 半島を回るころになると、脂が乗ってくる。これが青葉の茂る五、六月ごろで、このころ捕れるはしりの鰹を初鰹という。江戸時代には初物好きの江戸っ子に珍重された。↓鰹(角川合本俳句歳時記第四版)

画像は全てフリー素材です




nice!(3)  コメント(0) 

五月二十一日は小満(しょうまん)です [俳句]

五月二十一日は小満(しょうまん)です


小満は二十四節気の一つ。草木が茂って天地に満ち始めるという意味だそうです。

s-2010070100595848896.jpg
画像はフリー素材です



小満や右手の肉刺の固まりぬ 粋田化石



四月から力仕事をしています。最近になって掌にできた肉刺(まめ)が大きくそして硬くなってきました。掌の写真を用意はしましたが、あまりにも汚い手なので公開しないことにしました。



DSCN3597.JPG



小満の緑目に染む古木かな 粋田化石



新緑の季節になりました。若葉の艶やかな緑が眩しいですね。


【 小満 せうまん 】  (季夏)
二十四節気の一つで、新暦五月二十一日ごろにあたる。万物しだいに長じて満つるの意。(角川合本俳句歳時記第四版)

まめ【肉=刺】
かたいものとこすれたため、手足などの皮膚にできる豆のような水ぶくれ。(大辞泉第二版)







nice!(6)  コメント(0) 

つなこさんから句が届いています 五月十三日 [俳句]

つなこさんから句が届いています 五月十三日


隙間の朝顔.jpg



朝顔の顔出したのはこの隙間 つなこ



石畳の隙間でしょうか、朝顔の芽が顔を出していますね。
『朝顔』は秋の季語。『朝顔の種を撒(ま)く』は春の季語だそうです。この句はそのようなことは考えずに意外な場所から芽を出した朝顔の逞しさと、それを見つけたつなこさんの驚きと感動を味わって下さい。


【 朝顔あさがほ 】  牽牛花(けんぎうくわ)  蕣(あさがほ)  (季秋)
熱帯アジア原産のヒルガオ科の一年生蔓草の花。奈良時代に遣唐使が中国から薬用として種子( 牽牛子けんごし )を持ち帰った。鎌倉時代以後、観賞用に栽培され、江戸時代に広く親しまれるようになった。牽牛花は漢名。(角川合本俳句歳時記第四版)

【 花種蒔く はなだねまく 】 朝顔蒔く 鶏頭蒔く 夕顔蒔く  (季春)
夏または秋に咲く草花の種を蒔くこと。寒さが去った春の彼岸前後に、花壇や鉢・木箱などに蒔く。(角川合本俳句歳時記第四版)



さて、粋田化石の句です。

bird_suzume.png
画像はフリー素材です



暮の春雀恋する屋根広し 粋田化石



天気の良い日の出来事です。屋根の雀がいつもとは違う声で囀っていました。屋根を見上げると雀が二羽いて、どうやら雄の雀が雌に恋の歌を唄っているようでした。
『暮の春』というのは春の夕暮れのことではなく、春が終わろうとしている春の果てのことです。

【 暮の春 くれのはる 】  暮春(ぼしゆん)  春(はる)暮(く) る 春の果  (季春)
春のまさに果てようとする意で、「春の暮」ではない。行く春・春惜しむ・晩春などという感慨につながる。↓行く春 ・ 春惜しむ ・ 晩春(角川合本俳句歳時記第四版)

【 雀の巣 すずめのす 】  (季春)
雀は二~九月に雌雄一つがいで繁殖し、屋根瓦や石垣の隙間・庇の裏・木の洞などに枯草その他を材料にして球形の粗雑な巣を作り、五個程度の卵を産む。↓孕雀 ・ 雀の子(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(19)  コメント(0) 

つなこさんから句が届きました 五月七日 [俳句]

つなこさんから句が届きました


babachichi01.jpg
画像はフリー素材です



こどもの日母より義母を思いだし つなこ



お姑さんの悪い思い出ではないそうです。きっと嫁姑の良い関係だったのでしょうね。
故永六輔氏が「誕生日は自分を生んでくれた母に感謝する日です。」と言っていたのを思い出しました。そうすると、『こどもの日』も子どもが親に感謝をしてもよい日かもしれません。

lgi01a201404102000.jpg
画像はフリー素材です



怒らない誓う御空に鯉のぼり 粋田化石



かつて、この人のエネルギーの源は『怒り』ではないのかと思わせるような先輩がいました。その先輩現在はとても穏やかに暮らしていて、先日お会いした時に是非私に読むようにと勧めてくれた本があります。その本は「怒らないこと」(アルボムッレ・スマナサーラ著 サンガ新書)です。

DSC_3920.JPG


先輩の言葉にはとても説得力があったので早速購入し読みました。「怒る」というのは恥ずかしいことだそうです。

そうそう、怒らないとは関係ありませんが

江戸っ子は五月の鯉の吹流し口先ばかり腸(はらわた)は無し

という狂歌がありました。


【 幟 のぼり 】  五月幟(さつきのぼり) 座敷幟 初幟  鯉幟(こひのぼり)  五月鯉(さつきごひ)  吹流し 矢車  (季夏)
江戸時代には、定紋や 鍾馗しようき の絵を染め抜いた幟を兜・ 長刀なぎなた ・吹流しなどとともに家の前に立てた。古くは紙製であったが、これが小さくなって座敷幟となっていった。武家の幟に対して、町人は、滝をも登るとする鯉を出世の象徴として鯉幟を立て、男子の成長を祈った。これもはじめは紙製であり、五色の吹流しとともに立てる。(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(19)  コメント(2) 

こどもの日 [俳句]

こどもの日


草を食む (2).JPG


今日は子供の日でした。
子供の日も、端午も、柏餅も夏の季語です。
吹く風はまだまだ爽やかですが、日差しは少しずつ夏に近づいてきているように思えます。

草を食む (1).JPG



気が付けば牛の匂いの端午かな 粋田化石



とある酪農家の写真です。
牛が美味そうに草を食んでいます。

草を食む (3).JPG



柏餅 (1).JPG



牛の如葉まで喰らうや柏餅 粋田化石


柏餅 (2).JPG


端午の節句ですので柏餅をいただきました。
桜餅の葉と違い柏の葉は硬いです。


【 こどもの日 こどものひ 】  (季夏)
五月五日。国民の祝日の一つで、かつての端午の節句。子供の人格を尊重し、子供の幸福を図る目的で昭和二十三年に制定された。 (角川合本俳句歳時記第四版)

【 端午 たんご 】 端午の節句 五月の節句  菖蒲(あやめ)の 日(ひ) 旧端午 武者人形 五月人形 武具飾る  菖蒲(あやめ)葺(ふ)く 菖蒲挿す 軒菖蒲  (季夏)
五月五日の男子の節句で、 菖蒲しようぶ の節句ともいう。五節句の一つで平安時代には宮中で行われていたが、室町時代に武家の行事に取り入れられ、菖蒲を尚武にかけて男子の成長や武運長久を祈願するようになった。男子のある家では 幟のぼり を立てたり武者人形などを飾り、この日を祝う。かつては菖蒲を軒に挿す風習があったが、今ではあまり行われない。 (角川合本俳句歳時記第四版)

【 柏餅 かしはもち 】  (季夏)
粳米の粉で作った皮の間に 餡あん を入れ、柏の葉で包んで蒸したもの。五月五日の端午の節句に粽とともに供える。↓端午 (角川合本俳句歳時記

nice!(15)  コメント(2) 

春霞 [俳句]

今朝、目を覚まして外を見たら世の中が霞んでいました。
私の目が濁ったのではなく本当の霞(かすみ)が立ち込めていました。霞と霧(きり)の違いは調べてはいないのでわかりませんが、霞が春の季語、霧が秋の季語です。

kasumi (1).JPG



霞まで朝の道を隠しけり 粋田化石



kasumi (2).JPG



人生における少しの迷いと、霞が車通勤の朝(あした)の道を隠してしまったことを詠んでいます。


【 霞 かすみ 】 春霞 朝霞 夕霞 遠霞 薄霞 棚霞 霞む  (季春)
春は大気中の水分が増えることによって、空の色・野面・山谷など遠くのものが霞んで見えることがある。横に筋を引いたように棚引く霞を棚霞という。「草霞む」「山霞む」「鐘霞む」などとも用いられる。(角川合本俳句歳時記第四版)









nice!(17)  コメント(2) 

月は東に日は西に [俳句]

月は東に日は西に

月は東に日は西に (1).JPG


夕方東の空に満月が昇っていました。実はつなこさんから


菜の花や月は東に日は西に 蕪村


の句と満月の情報が届いたのでしっかりと見ることが出来ました。

月は東に日は西に (3).JPG


四月二十九日の今日は、正に蕪村の句の通り「月は東に日は西に」でした。
蕪村も安永3年(1774年)の丁度今頃の時期にこの句を詠んだと言われています。
これは春を詠んだ句ですが、菜の花(季春)と月(季秋)の二つの季語が入るという高等な技を使ってあります。

それでは粋田化石も季重ねの句を

月は東に日は西に (4).JPG



代掻けば風に月影揺れにけり 粋田化石



代掻(しろか)きは夏の季語ですので、代掻き(夏)と月影(秋)の二つの季語を使いました。
田植えの早い千葉県ではこの時期には田植えは終盤を迎えています。


月は東に日は西に (2).JPG



月に日に田面騒めく春の暮 粋田化石



月(秋)と春の暮の二つの季語を使いました。
月と日が田面(たのも)に同時に映っているのを見たわけではないのですが、印象で詠んでいます。春の暮は春の夕方のことです。



【 代搔くしろかく 】  代搔しろかき  田搔く 田搔馬 田搔牛 代馬 代牛 田水張る  (季夏)
田植前の田に水を引いて搔きならし、田植ができる状態に整えること。田搔く・田代搔くともいう。代搔きがすみ、田植の準備ができた田を代田という。(角川合本俳句歳時記第四版)

た‐の‐も【田の▽面】
田のおもて。田の表面。
「―に水あふれ」〈独歩・武蔵野〉(大辞泉第二版)






nice!(25)  コメント(2) 

花虻 はなあぶ [俳句]

花虻(はなあぶ)という昆虫をご存知ですか。その姿かたちはミツバチにそっくりです。でも、ミツバチとの鑑別は簡単。昆虫の体部は『頭』・『胸』・『腹』の三つの部品で構成されていますが、花虻をよく見ると腹部にカタカナの「エ」の字模様があります。そうエ文字模様があるのが花虻で、単純な横縞模様がミツバチです。
花虻は虻といっても血は吸いませんし、刺すこともありません。粋田化石は子供の頃には花虻を手づかみで捕まえていました。
自分をミツバチに似せることで生き長らえてきたと思われる花虻です。皆様もどこかで花虻を見かけることがありましたら、その化け具合を誉めてあげてください。

花虻 (1).jpg
画像はフリー素材です



花虻や写真機かわし飛び去りぬ 粋田化石



花虻 (2).JPG



花虻の次は黄色の花瓣かな 粋田化石




【 虻 あぶ 】 花虻 牛虻  (季春)
アブ科の昆虫の総称であるが、 双翅目そうしもく 昆虫の一群をさすこともあり、種類が多い。アブ科に属するものは二枚の羽と大きな頭と美しい光沢の複眼を持つ。翅が強く飛ぶときにはうなりを発す。牛虻は人や牛馬に付いて血を吸う。また花に集まることからつけられた花虻は形は蜜蜂に似ているが、これはショクガバエ科。(角川合本俳句歳時記第四版)

nice!(10)  コメント(2) 

俳句ポスト365 [俳句]

俳句の街まつやま俳句ポスト365』で現在発表になっている兼題は『金盞花 きんせんか』です。

白浜道の駅にて 13).JPG


粋田化石が投稿した句は


特撰と箱に二文字金盞花 粋田化石


白浜道の駅にて 10).JPG


金盞花は春の季語。
この句には大した意味は無くて、箱詰めにされた金盞花を見た時に『特撰』と箱に書いてあったのが印象に残ったのでそれを句にしました。



そうして俳句ポスト365で現在募集(五月二日締め切り)している兼題は夏の季語『老鶯 ろうおう』です。老鶯といっても年老いた鶯ではなく、繁殖のために山に上がって囀(さえず)っている夏の鶯のことを指します。とは言っても、田舎ではそれほど山中に入らなくても老鶯の囀りを聞くことが出来ます。


老鶯や我がメモリーの母の声 粋田化石



老鶯.jpg



老鶯や今更に知る我が暮らし 粋田化石



【 老鶯 らうあう 】  老鶯(おいうぐひす)  夏鶯(なつうぐひす)  乱鶯(らんあう)  残鶯(ざんあう) (季夏)
高原や山岳地帯では夏になってもまだ鶯が鳴いている。春を過ぎて繁殖のために山に上がってきて鳴いている鶯を老鶯といい、老いた鶯のことではない。晩夏になり繁殖期を過ぎた鶯は鳴かなくなる。これを鶯音を入るという。↓鶯(春) ・ 笹鳴(冬) (角川合本俳句歳時記第四版)








nice!(9)  コメント(0) 

四月十八日の雨 [俳句]

四月十八日の雨


ぽにょ (2).JPG



猫だとて眠たし春のしじま雨 粋田化石



ぽにょ (1).JPG


四月十八日の千葉県東部地方は、午前中に季節が少しだけ逆戻りしたような冷たい雨が降っていました。春というだけで眠たいのに、雨がしとしと降ったりすると余計に眠たくなります。
写真のニャンは我が家の飼い猫ではないのですが、普段から仲良くさせていただいています。今日は私の膝の上で寝顔を見せてくれました。


ぽにょ (3).JPG



一雫雨の穀雨のカランから 粋田化石



上の写真と同じニャンです。なんと、昼寝の後に水道のカラン(蛇口)に直接口をつけて水を飲んでいました。
今年の穀雨(こくう)は四月二十日なのですが、二日違いなので敢えて使わせていただきました。

【 穀雨 こくう 】 (季春)
二十四節気の一つで、新暦四月二十日ごろにあたる。穀物を育てる雨という意から穀雨という。(角川合本俳句歳時記第四版)








nice!(16)  コメント(0)