So-net無料ブログ作成
検索選択

落語会に行ってきました [日記]

四月二十二日(土)
東京のお大手町「日経ホール」に第四十二回『大手町落語会』を聞きに行ってきました。演者と演目は以下の通りです。

落語会.jpg
画像はフリー素材です

柳家小はぜ 『浮世根問(うきよねどい)』
【あらすじ】知らないことはないという隠居のところに、八五郎がやって来て、「がんもどきの裏表は?」をはじめとして、次々に質問をしていく。「婚礼のことを、よく嫁入りと言いますが、女が来るんだから、女入りとか娘入りと言うべきだ」と言うと、「それは男の方に目が二つ、女の方に目が二つ。それを合わせて『四目入り』だ」。「鶴は千年亀は万年と言うけれど、鶴亀が死んだらどこへ行くんです?」「めでたいものだから極楽へ行く」「極楽てぇのはどこにあるんで?」「地獄の隣だ」「地獄はどこにあるんで?」と質問が続くので、隠居は「極楽はここだ」と仏壇を見せる。「死ぬと、ここへ行けるんですか?じゃあ鶴亀も極楽へ行って仏になれますか?」「ああいうものは畜生だから仏にはなれない」「何になるんです?」「この通りロウソク立てになる」。(古典・新作 落語事典,滝口雅仁,平成二十八年,丸善出版株式会社)

落ちがよく分からないですね。私は見たことがありませんが、亀の背中に鶴が乗りその鶴にロウソクを立てる燭台があったのだそうです。


柳亭市馬(四代目) 『蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)』
【あらすじ】上州安中でこんにゃく屋を営んでいる六兵衛のところで厄介になっている八五郎が、遊んでばかりもいられないからと寺の和尚になった。ところが経を読める訳でもなく、日がな一日、寺男の権助を相手に酒ばかり飲んでいる。そんあある日、越前国永平寺の沙弥托善(しゃみたくぜん)という諸国行脚雲水の僧が、禅問答を申し込んできた。八五郎に問答なんかできる訳がなく、夜逃げをしようと相談しているところへ現れたのはこんにゃく屋の六兵衛で、ならば自分が和尚になって問答の相手をしてやろうと言い出した。翌日、托善がやって来て、色々と問いかけるが、六兵衛は黙っているばかりなので、これは無言の行中と判断し、托善がまず両の手の人差し指と親指で丸をこしらえて前に突き出した。すると六兵衛はそれを見て、両の手で大きな丸を描くように頭の上にかざすと、托善は平伏。次に開いた両の手を前に突き出すと、六兵衛は片手を広げて出してみせて、それを見て、またも平伏。最後に指を三本出すと、六兵衛は人差し指を目の下にあてた。托善はとてもかなわない相手と言って逃げ出そうとするので、托善に尋ねると「大和尚のご胸中はと尋ねましたところ、大海の如しというお答え。十万世界はと聞けば、五戒で保つ。最後に三尊の弥陀(みだ)はと問えば、目の下にありとのお答え」と言って出た行った。片や六兵衛は大層怒っているので、話を聞くと、「あいつは乞食坊主だ。俺の商売を知ってやがって、お前んとこのコンニャクはこんなに小さいだろうと言うから、こんなに大きいやって答えたら、十丁で幾らだ?って値を聞いてきやがった。五百だって答えたら三百に負けろって値切りやがったから、アカンベー」。(古典・新作 落語事典,滝口雅仁,平成二十八年,丸善出版株式会社)

こんにゃく屋の六兵衛は江戸では親分と言われるくらいの人だったが、上州安中でこんにゃく屋をやっています。この落語は仕草が落ちになっていますので、生あるいは映像で見ていただきたい話しです。
今回は美声の落語家柳亭市馬師匠が、肩ひじを張らずにさらりと演じて見せてくれました。


柳家さん喬 『井戸の茶碗(いどのちゃわん)』
【あらすじ】麻布の谷町に暮らす正直者で知られる屑屋の清兵衛がある裏長屋を通りかかると、千代田卜斎(ちよだぼくさい)という浪人から屑の他に仏像を引き取ってくれと言われたので二百文で買い取る。仏像を笊(ざる)の中に入れ、白金の細川家の窓下を通ると、高木作左衛門(たかぎさくざえもん)という侍が目を止め、大層気に入ったので三百文で買い求める。作左衛門が仏像を磨いていると、台座がはがれて中から五十両の小判が出てきた。作左衛門は屑屋が再びやって来るのを待ち受け、訳を話して五十両を相手方に返すように言うので、屑屋が卜斎のもとを訪ねると、卜斎は一度手放した物は自分のものではないと言って頑として受け付けない。困った清兵衛が家主に相談をすると、卜斎に二十両、作左衛門に二十両、間に入った清兵衛に十両という案を出してきた。ところが卜斎がそれでも受け取らないので、何かを作左衛門に差し上げたらいいと提案をすると、卜斎はいつも茶を飲んでいる薄汚い茶碗を作左衛門に渡すことにする。正直者同士の話を聞いて感心した細川の殿様が茶碗を見てみたいと言うので、茶碗を磨いて差し出すと、それは井戸の茶碗という名器であることが分かり、作左衛門から三百両で買い上げた。困った作左衛門は屑屋を呼んで、先例にならい半分の百五十両を卜斎に渡して来いというが、やはり卜斎は受け取らない。だが、作左衛門が独り身であるなら、娘を嫁に差し上げたいと言う。それを聞いた作左衛門は卜斎の娘であれば間違いないと、嫁にもらうことにする。それを聞いた屑屋が安心をして「今は汚い身なりをしていますが、あれで磨いてごらんなさい。たいした美人になりますよ」「いや、磨くのはよそう。また小判が出るといけない」。(古典・新作 落語事典,滝口雅仁,平成二十八年,丸善出版株式会社)

三人の正直者が主な登場人物です。途中はハラハラドキドキさせられますが、何回聞いても聞き終った後にとても爽やかで良い気持ちになります。ただし、それは井戸の茶碗を演じる力量のある落語家が演ずる井戸の茶碗でなければなりません。


桂文治(十一代目) 『平林(ひらばやし)』
【あらすじ】小僧の定吉が主人から、平林さんの家に手紙を届けるように言われる。どこへ行くのか忘れないように「ヒラバヤシさん」と口の中で唱えて出掛けたが、夢中で歩いているうちに途中で巡査に呼び止められ、「道は青歩きの赤止まりだ、言ってみろ」と言われ、それを繰り返しているうちに名前を忘れてしまう。そこで歩いている人に宛名を読んでもらうと、「タイラバヤシ」と読んだり、「ヒラリン」と読んだりする。どうも違うように思うので、また尋ねると、今度は字を崩して「イチ(一)ハチ(八)ジュウ(十)のモクモク(林)」、さらには「一つに八つにトッキッキ」と読まれてしまう。定吉は仕方ないので、「タイラバヤシかヒラリンか、イチハチジュウのモクモク、一つに八つにトッキッキ~」と声を張り上げながら歩いていると、知り合いが声を掛けて、「気でも違ったのか?」「いいえ、字が違うんです」。(古典・新作 落語事典,滝口雅仁,平成二十八年,丸善出版株式会社)

小僧の定吉は無筆という設定です。ただ、ヒラバヤシという名前を覚えられない定吉が「タイラバヤシかヒラリンか、イチハチジュウのモクモク、一つに八つにトッキッキ~」は覚えていて、声を張り上げながら歩くという設定に無理があります。


柳家權太樓(三代目) 『唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)』
【あらすじ】若旦那の徳三郎は道楽が過ぎて勘当になってしまう。頼りにしていた吉原の女や知り合いのところからも追い出され、飲まず食わずで過ごしているのも辛くなり、吾妻橋(あづまばし)から身を投げようとしたところを、通りかかった伯父に助けられる。伯父は徳三郎の性根を叩き直すべく、翌日から唐茄子の荷商いをさせることにする。慣れない天秤棒を担いで歩いていると、真夏の炎天下のことで道端で倒れ込んでしまうが、おせっかいな男が顔見知りに声を掛けては、二つだけ残して唐茄子を売り捌いてくれた。気を良くした若旦那は吉原田圃(たんぼ)までやって来ると、売り声も出るようになったので、そのまま誓願寺店(せいがんじだな)までやってくると、一人の女性から唐茄子を一つ売ってくれと声を掛けられた。若旦那が一つおまけして、弁当をつかおうとすると、奥から出て来たその家の子どもが弁当を欲しがった。事情を聞くと、浪人をしている夫が行方知れずで、もう二日も子どもにご飯を食べさせていないという。食べられないことの辛さを知っている若旦那は弁当と唐茄子の売り上げを置いて飛び出してしまう。伯父の家に帰って来た若旦那は、今日あったことを告げるが、伯父は信用をせずに誓願寺店までやって来る。すると長屋では浪人者の女房が首をくくったと大騒ぎになっていた。なんでも若旦那が置いて行った財布を返そうと、外に出たところで因業大家に出くわして取り上げられてしまったので、若旦那に申し訳ないと首をくくったというのだ。それを知った若旦那は大家の家に飛び込む。女房は発見が早く、手当も良かったと見えて助かり、大家はきついお咎めを受け、若旦那の勘当も許される。(古典・新作 落語事典,滝口雅仁,平成二十八年,丸善出版株式会社)

唐茄子というのはカボチャのことです。
長い話しなので終いまで演じない方もいらっしゃいます。今回、柳家權太樓師匠は最後まで演じてくれました。大熱演に粋田化石の目もウルウル、聞きほれてしまいました。

落語会.png
画像はフリー素材です



大爆笑の渦の中、後ろの席からは鼾(いびき)が聞こえてきました。深き春の落語会らしい光景でした。


春深き落語の会に鼾かな 粋田化石


【 春深し はるふかし 】  春はる 闌た く  春はる 更ふ く (季春)
桜も散って、風物の様子にどことなく春も盛りを過ぎたと感じられるころをいう。
(角川合本俳句歳時記第四版)


あと一歩 [日記]

昨日は千葉県知事選挙の投票日でした。

あと一歩 (3).JPG


投票日だというのに一日冷たい雨が降る生憎の天気。気になる投票率は31.18%だったそうです。皆様無関心すぎですゾ。

粋田化石は仕事に行く前に投票をすませました。
その後とある場所にあるソメイヨシノの木を見ると、蕾が膨らんで開花まであと一歩という感じでしたので、選挙でよく聞く「あと一歩」に引っ掛けて句を詠みました。

あと一歩 (2).JPG



あと一歩花も間近な投票日 粋田化石



しかし、開票の結果は現職知事の圧勝であり、落選してしまった三名の方は「あと一歩」でもなかったようでした。



本日三月二十七日も朝から雨と思いきや、雨が霙(みぞれ)に変わり短い時間ですが雪になりました。
こういうのを『名残の雪』というのでしょうか。素敵な言葉ですね。

名残雪.JPG



うっすらと身の程を知る雪の果 粋田化石



名残の雪は歌の文句であれば絵になりますが、実際には寒くて寒くて困りました。



夕方雨も上がり夕焼の中を職場に戻ると、三月いっぱいで退職する若者が机を片付けていました。勤務は今日が最後だったのですね。
丁度名残の雪、別れ雪が降った日に職場を去っていく若者でした。


君の首途見送る空の春夕焼け 粋田化石




【雪の果 ゆきのはて】 名残なごりの雪ゆき 雪の別れ 別れ雪 忘れ雪 涅槃雪 (季春)
涅槃会(ねはんえ)(旧暦二月十五日)前後に降る雪が雪の終りといわれるが、実際にはそれ以降になることもある。名残の雪・雪の別れ・別れ雪は、いずれも最後の雪に心を寄せたことばである。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]

しゅと【首途】
1旅に出ること。旅立ち。かどで。「―を見送る」
2 物事が始まること。また、始めること。かどで。「新生活の―を祝する」
[大辞泉第二版]

【春夕焼 はるゆふやけ】 春夕焼はるゆやけ 春の夕焼 (季春)
単に夕焼といえば夏の季語であるが、四季それぞれに夕焼は見られる。春の夕焼は人を包むような柔らかさを感じさせる。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]

落語会三月二十一日 [日記]

東京の霞が関というところにあるイイノホールに落語を聴きに行ってきました。

DSC_1294(1)(1).JPG


落語を聴く前に腹ごしらえです。

腹ごしらえ.JPG


さて、本日は三遊亭白鳥と柳家喬太郎の二人会。出演も当然この二人です。

演目は


粗忽の使者 柳家喬太郎

落語の仮面第五話(新作) 三遊亭白鳥

中入り

老人前座(新作) 三遊亭白鳥

おせつ徳三郎-花見小僧・刀屋 柳家喬太郎

です。

粋田化石は柳家喬太郎の粗忽の使者を聴いているときに、不覚にもうとうとしてしまいました。腹ごしらえのせいでしょうか、朝から降っている雨のせいでしょうか。


春雨の降れば眠たし落語会 粋田化石



次回は四月二十二日に落語会に行く予定です。居眠りしないようにしましょう。




彼岸 [日記]

昨年他界した父は神道(しんとう)を信仰していましたので、葬儀は神式でした。春分の日の今日は、春季御霊祭(みたままつり)という合同慰霊祭があり参列してきました。天候にも恵まれましたので大変に心地よく、先生の有難いお説教が子守唄のように聞こえてきました。

説教.jpg
画像はフリー素材です



説教を聞けばうとうと彼岸かな 粋田化石





良い天気の中、田圃ではトラクターが働いていました。田植えの準備が始まったようです。

たんぽぽ.JPG



田の支度幕開け見つむ鼓草 粋田化石





せっきょう【説教】‐ケウ
1 宗教の教義・教典を、信者などに、口頭で説き明かすこと。また、その話。「牧師が礼拝で―する」
2 教え導くために言い聞かせること。また、堅苦しい教訓をいう語。「親に―される」
[大辞泉第二版]

【彼岸 ひがん】 お彼岸 入彼岸 彼岸過 (季春)
春分の日を中日とする前後三日の七日間。単に彼岸といえば春の彼岸をさす。寺では彼岸会を修し、先祖の墓参りをする。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、このころから春暖の気が定まる。
【蒲公英 たんぽぽ】 鼓草 蒲公英たんぽぽの絮わた (季春)
キク科の多年草。道端・土手などで普通に見られる。蝦夷蒲公英・関東蒲公英・関西蒲公英などの在来種が各地に分布するが、いずれも帰化した西洋蒲公英に圧倒されている。三~五月ごろ黄色・白色の頭花が花茎に一つつく。花のあと形成される絮が風に飛んでいくさまは詩情をかきたてる。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]

南房総千倉へ行ってきました [日記]

三月十八日(土)に千葉県の南房総千倉へ行ってきました。
千倉は、三十三年前から二十五年前まで私が過ごした町です。現在は南房総市千倉町ですが、当時は安房(あわ)郡千倉町でした。
千倉では、当時仕事上の付き合いがあった方たち五人と旧交を温めてきました。
気持ちだけは三十云年前に戻り、あんなこと・こんなこと等時間を忘れて話しました。

まんぼう.JPG
翻車魚


「そういえば、当時は“翻車魚(まんぼう)”を食べたな~。」と思い出話をしていると、それを聞いていた店の人が言いました。「今日はまんぼうあるよ。」。勿論たべました。まんぼうは地元の人でも年がら年中食せる魚ではないので、私は本当にラッキーでした。

しんや.JPG
民宿


お約束のカラオケ大会が終わり海の傍の民宿に戻ったのが午前一時少し前。後はただ眠るだけです。
朝、空が白み始めるころに目が覚めました。海の近くの民宿なので濤声(とうせい)が聞こえます。波の音を聞きながら起きるのも良いものだと思っていると、時折波音に混ざり鶯の囀(さえず)りが聞こえてきます。二日酔いも無く、実に爽やかな朝を迎えることが出来ました。


濤声に鶯混じる朝かな 粋田化石



朝食を頂いた後は千葉県最南端の町白浜へ行き、そこでも知人に会ってきました。その人も仕事でお世話になった方ですが、実は一昨年北海道ニッポンハムファイターズに入団した加藤投手のお父様でもあります。

県指定有形文化財“めがね橋”(明治二十一年竣工)。
白浜めがね橋.JPG
めがね橋


金盞花.JPG
金盞花


千倉から白浜にかけては花摘みを楽しめる場所が沢山あります。三月といっても下旬が近いのでそろそろ花摘みの季節も終わりのようでしたが、金盞花(きんせんか)・ポピー・ストック・菜の花を見ることが出来ました。

花菜の香.JPG
菜の花



ぶんぶんと羽音も近き花菜かな 粋田化石




とうせい【濤声】タウ-
波の音。
「怒り哮(たけ)る相模灘の―」〈蘆花・不如帰〉

あした【朝】
1 夜の明けるころ。あさ。⇔夕べ。
「吾を呼び醒ませし―の使は彼なりけるよと」〈蘆花・不如帰〉
2 次の日の朝。翌朝。
「野分(のわき)の―こそをかしけれ」〈徒然・一九〉
【大辞泉第二版】

【菜の花 なのはな】 花菜はなな 菜種の花 油菜あぶらなの花 花菜雨 花菜風 (季語春
アブラナ科の越年草の油菜の花。日本で古くから栽培されていたのは油菜であるが、現在では西洋油菜にほとんどが取って代わられた。菜種は秋に種を蒔くと翌春、薹が立ち先端に黄色い十字花をつける。以前は種子から菜種油を採るために菜の花を栽培したが、近年は激減した。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]


三月十日、とうとう・・・ [日記]

本日三月十日、とうとう鶯の初音を聞きました。

春告鳥.png


此処の所何日か、鳥の囀(さえず)りを聞くたびに「もしかして鶯かな」と耳を澄ませていましたが、全てはずれでした。
本日は「ほーっ ほほほほほほほ ほけっ」とはっきり聞こえました。初音ですのでまだまだ下手くそですが、正真正銘鶯の囀りです。
鶯はまたの名を春告鳥ともいいます。先人の表現力の豊かさには感激してしまいますね。

春告鳥.gif



今度こそほほほほほけと初音かな 粋田化石



初音を聞いた後行きつけの蕎麦屋さんで天ぷら蕎麦を食べてた時のこと、蕎麦屋さんの店主が外へ出るのに裏の戸を開けた瞬間、「ほけきょ」という声が店の中に飛び込んできました。何と、蕎麦屋さんでも鶯の声が聴けるとは。蕎麦を食べる手を止めて、暫く「ほけきょ」と聞こえた方を見ていましたが、再び戸が閉まるともう聞こえてきませんでした。

今日は鶯と神様にとても幸せな時間を与えて頂きました。


鶯の声くっきりと蕎麦の中 粋田化石




【鶯 うぐひす】 黄鳥うぐひす 匂鳥にほひどり 春告鳥はるつげどり 初音はつね 鶯の谷渡り (季春)
スズメ目ヒタキ科の漂鳥。春告鳥の名があるように春を告げる鳥として馴染みがある。早春に平地で囀り始め、気温の上昇にともない冷涼な地帯に移動する。そのため高山地帯や北海道・東北北部では夏鳥とされる。「ケキョケキョ」と続けて鳴くのを鶯の谷渡りと呼び珍重する。また「法、法華経」という聞き做(な)しから「経読み鳥」ともいわれている。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]


しょめいび【初鳴日】
ウグイス・ヒバリ・ツクツクボウシなどの鳥や昆虫が初めて鳴く日。季節の移り変わりを知る手掛かりとされる。
[大辞泉第二版]

画像は全てフリー素材です






春の霜 [日記]

本日は少しだけ勤労意欲があった粋田化石です。

春の霜 (2).JPG


朝、随分と寒いなと思って表を見ると霜が降りていました。寒いわけです。

春の霜 (3).JPG


黄色い帽子をかぶった小学生たちが、白い息を吐きながら登校して行きました。

春の霜 (4).JPG


辺り一面に降りていた霜も、日が当たると直ぐに融けて消えて行きます。

春の霜 (5).JPG

霜は影の部分が最後まで融けずに残るので、日が高くなり影が縮んで行くと霜も小さくなって行くのが分かります。

春の霜 (1).JPG

そうして、日に照らされて融けてしまった霜は間もなく湯気となって元居た場所へと戻って行きました。

春の霜 (6).JPG



春の霜踏んで一列子らの行く 粋田化石



束の間の夢か春霜湯気となり 粋田化石



【春の霜 はるのしも】 春霜しゆんさう (季春)
春になってからも霜が降りることは少なくない。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]






雨上がり [日記]

二月二十三日は午前中が雨。

雨上がり (4).JPG


雨といってもそれほど寒くはなく、いかにも春雨という趣でした。
本日も例によって仕事を怠けて鳥の囀りを聞いていると、雲雀の声もはっきりと聴こえて来るではありませんか。空を見上げると既に雨は止んでおり、二羽の雲雀が中天で囀っていました。雨が止んだのを雲雀に教えてもらいました。

雨上がり (3).JPG


午後からは生暖かい風も吹いてきて、動いていたら薄っすら汗をかく陽気となりました。

雲雀が空から地面に戻る時には、巣から少し離れた場所を目指して一直線に降りてきます。今日は時間に余裕があったので着陸まで見届けました。

雨上がり (2).jpg
画像はフリー素材です



揚げ雲雀一直線に戻り来ぬ 粋田化石



雨上がり (1).jpg
画像はフリー素材です


あげひばり【揚げ雲雀】
空高く舞い上がって鳴いているヒバリ。《季 春》「朝凪やただ一すぢに―/蓼太」【大辞泉第二版】






銚子(千葉県)に行ってきました [日記]

オートバイで銚子に行ってきました。

銚子に行ってきました (3).JPG


バイク日和でしたので、急に思い立って銚子の犬吠埼灯台まで行ってきました。
家からは約50kmの距離なので、思い立った時に行くには丁度良い場所です。
といっても、前回犬吠埼に行ったのは5年位前だったと思います。

銚子に行ってきました (6).JPG


GPSだのカーナビだの言ってる時代ですが、灯台はまだまだきっちりお仕事をされているのですね。

銚子に行ってきました (5).JPG


犬吠埼灯台には小学生の頃から何回も登っているので、本日は下から見上げただけでした。決して階段を登るのが嫌だったわけではありません。

銚子に行ってきました (4).JPG


灯台の前の郵便ポストは灯台と同じで真っ白。まだ現役でポストとして働いているようです。

銚子に行ってきました (7).JPG


灯台横から海岸へ降りる階段です。

銚子に行ってきました (11).JPG



春の海見れば昼飯刺身かな 粋田化石



銚子に行ってきました (12).JPG



犬吠埼の次に『地球の丸く見える丘展望館』へ行きました。しかし、駐車場まで行ったものの、空腹を覚えたのでここは回避して昼食を食べに行きました。
千葉県の地図を思い浮かべて頂くとよくわかります。銚子にある地球の丸く見える丘展望館から見ると、見える景色の殆どが水平線で、本当に地球が丸く見えるのです。

昼食の場所は銚子市内にあるS食堂。知人のお勧めの店で、私は本日デビューでした。
S食堂に到着したのは午後二時少し前でしたので店は空いていました。順番を待つ人のための座席も用意されていましたので、人気の店なのかもしれません。

銚子に行ってきました (14).JPG


さて、私が注文したのは『めかじき刺身といわし天ぷら定食 1,300円』です

銚子に行ってきました (1).JPG


平日昼間の食事に1,300円もかける贅沢感もあってか、たいへんにおいしゅうございました。

昼食後は安全運転で家に戻りました。



本日もお遊びの句を
本日の句はつなこさんから頂きました。

北風は皆に疎まれ強く吹く つなこ (二月三日)

強く吹く風立春の露払い 粋田化石 (二月三日)

露払い冬の尻尾をそっと踏む 粋田化石 (二月四日)

そっと踏むまだ春浅き猫の肢 粋田化石 (二月五日)

猫の肢延びるや延びる日向ぼこ 粋田化石 (二月六日)

日向ぼこ現に返すベルが鳴る 粋田化石 (二月七日)


ベルが鳴る間もなく春の幕上がる つなこ

浅葱幕002.jpg
画像はフリー素材です

雲雀鳴く [日記]

今日、ほんの数秒間でしたが雲雀(ひばり)の囀(さえず)りを聞きました。

雲雀.png
画像はフリー素材です


強い北風が吹いて立春を過ぎたのに春が遠くに感じられる日でしたが、生き物たちはもう春の準備を始めているようです。
雲雀の声を聴いて直ぐに空を見上げましたが、残念ながらその姿は確認できませんでした。

雲雀.jpg
画像はフリー素材です



初雲雀友に知らせんEメール 粋田化石



【雲雀ひばり】 告天子 初雲雀 揚雲雀 落雲雀 朝雲雀 夕雲雀 雲雀野 雲雀籠 雲雀笛 (季春)
スズメ目ヒバリ科の留鳥で、雀よりひと回り大きく、茶色。草原・河原・麦畑などに枯草や根で皿形の巣を作る。巣から飛び立つときは鳴きながら真っ直ぐに舞い上がり、ついで急速に舞い降りてくる。春の野に空高く朗らかに「ピーチュル」と囀る姿は昔から親しまれてきた。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]



さて、何だか惰性で詠んでいる感もありますが、本日もお遊びの句を

北風は皆に疎まれ強く吹く つなこ (二月三日)

強く吹く風立春の露払い 粋田化石 (二月三日)

露払い冬の尻尾をそっと踏む 粋田化石 (二月四日)

そっと踏む春まだ浅き猫の肢 粋田化石 (二月五日)


猫の肢延びるや延びる日向ぼこ 粋田化石


日向ぼこ (1).JPG



北風が吹いて寒い日でした。それでも日差しは春めいてきていて、風の来ない日溜りはポカポカと気持ちが良かったです。

日向ぼこ (2).jpg
画像はフリー素材です


こんな日は猫になりたい・・・・・。
さあ、明日は“日向ぼこ”で詠めるでしょうか。

【日向ぼこ ひなたぼこ】 日向ぼつこ 日向ぼこり (季冬)
日の短い冬は暖かい日向が恋しい。わずかな日に温まろうとして昼の一時を味わうのは至福のひと時である。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]