So-net無料ブログ作成

梅の花咲いた [俳句]

梅の花咲いた

夕方、雨催い(あまもよい)の中で庭の梅を見ました。今年は花の数が少なく少し寂しい春の我が家です。その梅の花はしっとりとしていて妙齢の女性を思わせました。
自動焦点のカメラで梅の花のような小さな被写体をねらう時は、なかなか焦点が合わずに毎回苦労します。その代わりデジカメは接写に向いているらしく、随分近くによっても焦点があうのでその点は助けられます。

梅の花 (2).JPG



しっとりと娘盛りの梅の花 粋田化石


妙齢の梅です。



梅の花 (1).JPG



雨催い俯きの梅見上げけり 粋田化石


俯(うつむ)き気味の花を見上げると雨催(あまもよ)い。


梅の花 (3).JPG



梅咲けど彼奴は彼奴嫌いなり 粋田化石


後ろ向きの句です。折角梅が咲いたのに彼奴(あやつ)のことを思い出してしまいました。


【 梅 うめ 】  好文木(かうぶんぼく) 花の兄  春告草(はるつげぐさ)  野梅やばい  白梅  臥竜梅(ぐわりようばい)  豊後梅(ぶんごうめ)  枝垂梅(しだれうめ) 盆梅 老梅 梅が香 夜の梅 梅林 梅園 梅の里 梅の宿 梅月夜 梅日和 梅二月  (季春)
バラ科の落葉小高木の花。中国原産で、日本へは八世紀ごろには渡ってきていたとみられる。『万葉集』には一一九首もの梅の歌が収められ、花といえば桜よりも梅であった。春先、高い香気を放って 馥郁ふくいく と咲く。水戸市の偕楽園や奈良県月ケ瀬などは梅の名所。↓梅見 ・ 探梅(冬)(角川合本俳句歳時記第四版)

あま‐もよい【雨▽催い】‐もよひ
今にも雨が降りだしそうな空のようす。雨模様。あめもよい。(大辞泉第二版)

あ‐やつ【▽彼▽奴】
[代]三人称の人代名詞。ののしったり、あなどったりするときのやや古めかしい言い方。あいつ。きゃつ。「―にできる訳がない」(大辞泉第二版)






nice!(22)  コメント(8)