So-net無料ブログ作成
検索選択

つなこさんから俳句が届きました 7月29日 [俳句]

とうとう我が地域も梅雨が明けました。
そうしたら早速暑い一日。

本日、私粋田化石はお仕事のためと泣く泣く昼間から飲酒。
そんな中でつなこさんから夏空の俳句が届きました。


夏空やフロントグラスに切り取られ つなこ



DSC_0711.JPG


運転中のつなこさんの目には、今日の夏空がどう映ったのでしょうか。
フロントグラスですから、台形に切り取られた青い空と白い雲が目に浮かびます。



DSC_0699.JPG

(総武本線八日市場駅)


何処まで鐵路の先の夏空よ 粋田化石


DSC_0704.JPG



夏の空、夏空(季夏)
晴れ渡った空から強い日差しが降り注ぐさまは、夏のエネルギーを感じさせる。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]




つなこさんから俳句が届きました7月25日 [俳句]

つなこさんから俳句が届きました
今回は『蟬』です


蟬叫ぶ小さな庭でも構いなく つなこ


semi007.jpg


つなこさん家の庭の広さは知らないのですが、ちょっと煩わしい位に大きな声で蟬が鳴いているのでしょうね。鳴くではなく叫ぶというのが面白いです。
風鈴の音を聴くとなんとなく涼しく感じるのとは反対に、蟬の声を聴くと暑く感じてきます。
粋田化石の生息地では「ミンミンゼミ」が喧しさの代表格ですが、西の方では「クマゼミ」でしょうか?



粋田化石も一句

力づく命果つまで蟬の声 粋田化石

蟬が飛べなくなり、木から落ちる直前まで全力で鳴いている様子を詠みました。


力づく(力尽く)
・持っている力を出しきって事にあたること。「―で成し遂げる」
・腕力や権力によって強引に事を運ぶこと。「―で承知させる」
(大辞泉第二版)

画像はフリー素材です




兼題「月見草」 [俳句]

まいどゝのまつやま『俳句ポスト365』です

兼題「月見草」に十句投稿して一句入選、“並”を頂きました

月見草.jpg


アスファルト香らぬ夜や月見草


暑い日には道路のアスファルトが溶け出して匂うことがあります
月見草は夏の夜に咲く花ですので
日中の暑さも収まった夏の夜に月見草が咲いている、というのを詠みました

兼題が「月見草」なので、ちよっとロマンティックな句も詠んでみましたが全て没でした
残念!

月見草(季夏)
アカバナ科の二年草で、夏の夕方、葉腋(ようえき)に直径三~四センチの白い四弁花を開き、翌朝しぼむと紅変する。北米原産。嘉永(かえい)年間に渡来し観賞用に栽培されたが、あまり見られなくなった。直立した茎は高さ六〇センチほど。一般に黄色い花を開く待宵草・大待宵草を月見草と呼んでいる。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]


現在募集中の兼題は「啄木鳥(きつつき)」(秋の季語)で、八月三日が締め切りです

画像はフリー素材です







X day [エッセー]

7月24日、阪神タイガース鳥谷敬選手の名前がスターティング・メンバーから消えました
これで彼のフル・イニング連続試合出場の記録が667試合で途切れたのです
阪神タイガースファンの粋田化石は、鳥谷選手にフル・イニング連続試合出場の世界記録を更新してもらいたかったのですが、遂にX dayが来てしまいました
X dayとしたのは、攻撃でも守備でも精彩を欠く現在の鳥谷選手の名前がスターティング・メンバーから消える日は近いだろうと思っていたからです
ファンとしては覚悟をしていましたが、やっぱり残念です

DSC_0486.JPG


明かぬ梅雨鳥谷の名の夜に消ゆ



最下位に喘ぐ今年の阪神タイガース
鳥谷選手以外にも湿ったままの選手が大勢います

梅雨明けはまだ先のことかもしれません


出梅の遠き阪神タイガース鳥谷の名の消ゆる夜かな


因みに、フル・イニング連続試合出場の世界記録はタイガースの金本知憲監督の持つ1,492試合です





大暑! [日記]

粋田化石が生息している地域では、昨日と今日は比較的過ごしやすい日和でした
それでも、暦を見ると昨日7月22日は『大暑』だったのですね

natsu-image001.jpg


“大暑”で駄洒落を思いついて

異論なしあんたが大暑肌ひりり


という句を一人ほくそ笑みながら詠んだのですが、「肌ひりり」は無く、ちょっと場違いな句になってしまいました
大暑(季夏)

・ 厳しい暑さ。極暑。酷暑。「記録的な―」
・ 二十四節気の一。7月23日ごろ。1年のうちで、最も暑い時期。《季 夏》
「念力のゆるめば死ぬる―かな/鬼城」
(大辞泉第二版)

画像はフリー素材です





世間から目を背けていたら [日記]

暫くのあいだ世間の出来事に無関心でいたら・・・

世間のこと001.JPG


田圃の稲に既に穂が付いていました

世間のこと002.JPG


傍に寄ってみると、何と花が咲いています

世間のこと003.JPG


私には稲の花が一斉に咲いている様子が、稲の実が口を開けて楽しそうに笑っているように見えました
これからが夏本番ですが、稲は秋の実りの準備を始めていたのですね
私はお米生産農家ではないし学者でもありませんので、残念ながら手を出したりオロオロ歩いたりすることができません
豊作を信じて秋の収穫まで祈らせていただきます

勢揃い頤解いて稲の花

稲の花(季秋)
稲には早稲(わせ)・中稲(なかて)・晩稲(おくて)とあり、それぞれの時期に花が咲く。茎の先に直立した緑色の円錐花叢を出し、白い小型の花が穂のように群がり咲き、まもなく受粉する。好天の日に花をいっせいに付ける光景は実りを予感させる。無事に花が咲くのを見るのは農家にとって大きな喜びである。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]


日が暮れて風が涼しく感じられる頃に綺麗な月が昇ってきました

世間のこと004.JPG


日没や待ってましたと夏の月

夏の月(季夏)

たまには川柳でも [川柳]

参議院議員選挙が終わりました
ただただ正直に生きている我々の思いは国会に届くのでしょうか
今夜は川柳を詠んでみました

558511d0-s.png


短夜や明け行く朝の色怪し

短夜(みじかよ)、季夏

短夜(みじかよ) 明(あけ)易やすし 明早し 明急ぐ
夏は夜が短く、暑さで寝苦しいのでたちまち朝になってしまう。明けやすい夜を惜しむ心は、ことに後朝(きぬぎぬ)の歌として古来詠まれてきた。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]


touhyoubako2.png


右折指示角を曲がれば五月闇

五月闇(さつきやみ)、季夏


五月闇(さつきやみ) 梅雨(つゆ)の闇(やみ) 梅雨闇(つゆやみ) 夏闇
五月雨の降るころの厚い雲に覆われた暗さをいう。昼なお暗く、夜は月も出ぬ漆黒の闇となる。
[角川 合本俳句歳時記 第四版]


画像はフリー素材です






7月10日はウルトラマンの日 [エッセー]

  昭和41年(1966年)7月10日、ウルトラマンの第一話が放送される七日前のこの日に、東京の杉並公会堂で行われた「ウルトラマン前夜祭ウルトラマン誕生」というイベントがTV放送されました。それを記念して7月10日がウルトラマンの日なのです。ウルトラマンが初めて地球に現れてから既に五十年の月日が流れているのですね。

the_day_of_ultraman.jpg


  さて、子供の頃ウルトラマンの戦いを見ていて、何故初っ端からスペシウム光線を使わないのかと思ったことはありませんか。今改めて『ウルトラマン』を見てみると、私にはウルトラマンがスペシウム光線を使いたくないと思っているように見えます。それどころか、出来ることなら戦わずに怪獣に去ってもらいたいと思っているようにも見えます。

春暁や怪獣抱えウルトラマン


the_day_of_ultraman_002.jpg

 どうでしょう、初代のウルトラマンのお顔が仏様のように見えませんか。

幕切れやウルトラマンの寒き顔

炎熱の武器封印しウルトラマン






つなこさんから俳句が届きました 7月7日暑かった日 [俳句]

つなこさんから俳句が届きました 

夏空や心遅れてついてゆく つなこ

(夏空 季夏)

DSC_0661.JPG

今日七月七日は七夕というのに珍しく晴れた日でした。晴れるのは嬉しいのですが暑すぎます。
つなこさんは、その暑さを詠んでくれました。
暑いけど頑張ろう!というのではなく、最初から心が挫けてしまい嫌で嫌で仕方ないというのが良く伝わってきますね。(言い訳です、猛暑らしい良い写真がありませんでした)

それでも、日陰では昼顔が咲いていましたよ。
DSC_0650.JPG



さて、私粋田化石の句です。

(事情により削除しました 粋田化石)

本日午後一時頃、粋田化石の脳味噌は暑さに溶けました。



おまけ

まつやま『俳句ポスト365』の兼題“冷麦”で「人」を頂きました。

冷麦の一滴跳ねて旅の本 粋田化石

(冷麦 季夏)


rurubu.jpg

旅の本を見ながら冷麦をかっ込んでいる情景です。





自費で宿泊してきました [日記]

同窓会があり、Mさんの御蔭ですっかり有名になった千葉県木更津市にあるホテルへ行ってきました。

Mさんが宿泊したのがこちら。
三日月 (18).JPG


私が宿泊したのは、隣にある五月オープンの別館「富士見亭」です。
三日月 (17).JPG


その名の通り六階の部屋からは富士山が見えました。
三日月 (3).JPG


夕焼の中にすっくと富士の立つ

夕焼(季夏)


朝、窓から外を見ると遠浅の海は干潮で、潮干狩りの客で賑わっていました。
三日月 (12).JPG

三日月 (11).JPG


遥かより富士が見守る潮干狩


潮干狩は春の季語なので季違いです