So-net無料ブログ作成
検索選択

つなこさんから俳句が届きました七月二十六日 [俳句]

つなこさんから句が届きました

ねこ.png
画像はフリー素材です



猫飼いし娘のもとへ夏の旅 つなこ



猫と娘.jpg
画像はフリー素材です



親元を離れ遠くで仕事をしているつなこさんの娘さんは猫を飼っているようですね。
「娘の元へ」だと絵は浮かんできませんが、「猫飼いし・・・」だとちゃんと絵が浮かんできます。娘さんは一人暮らしが淋しいので猫を飼っているのでしょうか。その娘さんを遠くで想うつなこさん。そんな情景が私の頭の中に浮かびました。素敵な句です。




さて、粋田化石の句です。
早稲(わせ)の品種でしょうか、中稲(なかて)の品種でしょうか。よくわかりませんが稲の穂が少し垂れてきました。丁度このころの稲穂は、少し鼻を刺激する艶めかしい匂いを発散しています。例えるなら、炊き上がった直後の炊飯器の蓋を開けた時の香りです。
車を止めて、畦道(あぜみち)で稲穂の香りを嗅いできました。

稲穂 (2).JPG



稲の穂やとっくに飯の香を放ち 粋田化石


稲穂 (1).JPG


【 稲 いね 】 初穂 稲穂  陸稲をかぼ  稲穂波 稲の香 稲の秋 (季秋)
熱帯アジア原産のイネ科の一年草。季語では実った穂が垂れ黄金色に輝く秋の稲をいう。日本での稲作は縄文時代の終わりに始まったといわれ、長い時間の経過のなかで日本人の精神文化の形成にも大きな影響を与えてきた。(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(26)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 26

コメント 4

KENT0mg

フリー画像がぴったりですね。
今日は謎ではありませんでした。^^
by KENT0mg (2017-07-27 14:06) 

粋田化石

KENT0mgさま、いつも有難うございます
今回は謎は無しでしたね
by 粋田化石 (2017-07-27 22:32) 

森田惠子

稲穂が香るなんて知りませんでした。
どのような香りなのか、想像を膨らませて幸せな気持ちになりました。
by 森田惠子 (2017-07-28 11:55) 

粋田化石

森田惠子さま、有り難うございます。
そうなのです。稲穂は米の香りがします。
稲の花が咲いた時には、また違った香りがします。
by 粋田化石 (2017-07-28 23:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0