So-net無料ブログ作成
検索選択

つなこさんから俳句が届きました七月九日 [俳句]

つなこさんから句が届きました

あつい.png
画像はフリー素材です



暑いなあ夏だからねとすましたい つなこ



「暑い、暑い」といくら口に出してみても決して涼しくはなりません。それでもつい「暑い」と言ってしまいますね。逆に口に出しても仕方がないので黙っているときに、隣で「暑い、暑い」と言われたらちょっとイラっとしてしまいますね。
ムキにならずに「夏だから仕方ない」とさらっと言ってお終いにできたらどんない良いでしょう。


粋田化石の句です
茶色の毛並みの生き物が自動車の前を横切ったかと思ったら、道路わきの畦(あぜ)の草を実にしなやかな動作でいくつも飛び越していきました。尻尾が長いのと動きのしなやかさから鼬(いたち)かと思いましたが、鼬にしては大きすぎます。猫にしても同様です。
自動車を止めて見つめていると畦の先には同じ生き物がもう一匹いました。二匹は合流すると動きを止めて振り返りました。二匹とも鼻先がとても尖っています。尖った鼻先と長い尻尾。そうです、私が出会った生き物は狐(きつね)でした。田舎暮らしをしていても夜行性である狐に出会うというのは非常に稀なので、なんだか嬉しい七夕の日でした。二匹とも狐にしては小さ目に見えましたのでこの春生まれた兄弟狐かもしれません。
二匹の狐が私と見つめ合ったのは時間にして五秒間くらいでしょうか、二匹は再び向こうを向くと籔の中に消えて行きました。


振り向いてみれば長き尾狐かな 粋田化石



きつね.png
画像はフリー素材です



七夕の狐は消えし籔の中 粋田化石



理由は分かりませんが『狐』は冬の季語です。『七夕』は秋の季語。季節感の無い句で申し訳ありません


【狐 きつね 】 (季冬)
狐はイヌ科の哺乳類で、本州・四国・九州には本土狐が棲息する。体色は赤褐色あるいは黄褐色で、いわゆる狐色をしている。尾は太くて長く、口はとがっている。普通、地面に穴を掘り生活する。夜行性で、野兎・野鼠・鳥・果実などを食べる。 怜悧(れいり)で、注意深く巧みに獲物を襲い、天敵を避ける。十二月下旬から一月ごろに交尾し、四月ごろ三~五頭の子を産む。北海道には北狐が棲息する。「きつ」は狐の古名で「ね」は美称ともいわれる

【 七夕 たなばた 】  棚機たなばた  棚機つ 女め  七夕祭  乞巧奠きこうでん  星祭 星祭る  星合ほしあひ  星の恋 星の契  星迎ほしむかへ   星今宵ほしこよひ   二星にせい   牽牛けんぎう   織女しよくぢよ  彦星 織姫 七夕竹 七夕流し 願の糸 五色の糸  鵲かささぎ の橋 (季秋)
旧暦七月七日、またその日の行事。五節句の一つ。現在は新暦七月七日や月遅れの八月七日に行う所が多い。この行事は中国の牽牛・織女の伝説とそこから派生した 乞巧奠きこうでん の行事が伝わり、日本の 棚機たなばた つ 女め の信仰と習合したものとされる。 笹竹ささだけ に詩や歌を書いた短冊形の色紙を吊し、軒先や窓辺に立てて文字や裁縫の上達を祈る。昔は願いの糸(五色の糸)を 竹竿たけざお にかけて願いごとをした。仙台の七夕祭はよく知られる。





nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 2

旅爺さん

北海道ではキタキツネが有名ですが、本土では見かけませんね。
今日もまた暑くなりそうですが夕方は雨も期待できそうな予報ですね。
by 旅爺さん (2017-07-11 08:58) 

粋田化石

旅爺さん様ありがとうございます
見た私も驚いてしまいました
暑い日が続きますのでどうかご自愛くださいませ
by 粋田化石 (2017-07-12 06:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0