So-net無料ブログ作成

名越の祓(なごしのはらえ) [俳句]

旧暦の六月三十日は『名越の祓(なごしのはらえ)』です。単純に夏越(なごし)とも呼ぶようです。
月日の経つのは早いですね。今年も半年が過ぎてしまいました。
皆様方はこの半年間順調に過ごすことができましたか。粋田化石は順調と言えば順調ですが、代わり映えのしない半年を過ごしてきました。

茅の輪くぐり.png
画像はフリー素材です



夏祓車の凹み一つ増え 粋田化石



茅の輪くぐり.jpg
画像はフリー素材です


そうそう、自家用車の凹みが一つ増えました。

【名越の祓 なごしのはらへ 】  御祓みそぎ   夏越なごし   夏祓なつはらへ   水無月祓みなづきはらへ   川祓かははらへ   川社かはやしろ   御祓川みそぎがは   形代かたしろ 流なが す  形代かたしろ   茅(ち)の輪(わ)   菅貫(すがぬき) (季夏)
旧暦六月 晦日みそか に行う祓の称。新暦となってからは六月三十日、七月三十一日に行う神社とさまざま。旧暦十二月の晦日を年越というのに対して六月の晦日を夏越と呼んだ。夏越神事は形代に半年間の穢(けが)れを託して川に流したり、茅の輪をくぐることが一般的である。なお川岸に斎串(いぐし)を立てて祭壇を設けることがあるが、これが川社である。(角川合本俳句歳時記第四版)




nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0