So-net無料ブログ作成

つなこさんから俳句が届きました六月十一日 [日記]

つなこさんから句が届きました。

あじさい.png



色々の色々な顔紫陽花や つなこ



粋田化石は国語も苦手なのでよくわかりませんが、「色々の色々な顔」こういう表現を何と呼ぶのでしょうか。
咲き誇っている時の紫陽花は本当に綺麗です。

【 紫陽花 あぢさゐ 】  四葩 よひら   七変化 しちへんげ   (季夏)
ユキノシタ科の落葉低木の花。高さ一・五~二メートル。 額がく 紫陽花を原形とする日本原産種といわれる。「四葩」の名は、花びらのように見える四枚の 萼がく の中心に細かい粒のような花をつけることから。花色は酸性土では青、アルカリ性土では赤紫色を呈する。咲き始めは白で、しだいに色が変化することから「七変化」ともいう。「紫陽花に秋冷いたる信濃かな 杉田久女」は、秋になっても美しく咲き残っている紫陽花を詠んだもの。↓額の花(角川合本俳句歳時記第四版)


さて、六月十日落語会に行ってきました。
その名も、第四十三回 大手町落語会 ~ザ・柳家!Ⅶ~
会場は東京の大手町にある日経ホールです。

番 組

飲める』 入船亭小辰(二ツ目)
「一杯飲める」が口癖の男と、「つまらねぇ」が口癖の男の二人が、その口癖を言った場合お互いに一円ずつ取るという定式(きめしき:仲間内で決めた決まり事)を作る。相手になんとか口癖を言わせようとする二人だが・・・

元犬.png


元犬』 柳家三三
差し毛の混ざらない純白の犬は珍しくて人間に近いという。人間から「お前はきっと来世には人間に生まれ変われる。」と言われていた純白の犬が、来世ではなく今生に人間に生まれ変わりたいと八幡様に三七、二十一日間の願掛けをする。さて、満願の日に人間になることが出来た白犬がご隠居の家で働き始めるが・・・。


たち切り』 柳家權太樓
放蕩三昧の若旦那が親族会議の結果百日間の蔵住まいを命ぜられる。その若旦那が蔵住まいをさせられているとは知らずにいる芸者の小糸。小糸は毎日何通も若旦那の元に手紙を届けるが、八十日目に手紙は届かなくなってしまう。百日経ち蔵を出た若旦那が小糸から届いた最後の手紙を読み置屋(おきや)に行くと・・・
線香が燃えた数で芸者の玉代(ぎょくだい)を計算していたそうです。『たち切り』はその線香が燃え尽きることです。

落語.jpg

‐仲 入 り‐

花筏 はないかだ』 柳亭市馬
提灯屋の六兵衛さんの元に相撲の親方が訪ねてくる。聞けば、茨城での相撲の興行を請け負ったのだが肝心の大関花筏(はないかだ)が病気になってしまった。先方は花筏が目当てなので連れて行かないわけにはいかない。そこで花筏と顔も体格もそっくりな六兵衛さんに花筏の替え玉になってもらいたいという。一日に二分(にぶ)の手当と、相撲は取らないで土俵下に座っているだけでいいという条件で相撲興行に乗り込むことになった六兵衛さん。しかし、千秋楽の日に地元の素人相撲の猛者である“千鳥ヶ淵大五郎”との取り組みを組まれてしまった・・・


寝床』 柳家さん喬
義太夫(ぎだゆう)に凝っている商家の旦那、その義太夫を誰かに聞かせたくってしょうがない。ある日義太夫の会を開くことになり自分が大家(≒家主いえぬし)を務める長屋の住人に声を掛けるが、旦那の義太夫を聞きたくない住人達はあれやこれや理由をつけて誰一人来られないという。それならばと、お店(たな)の奉公人達に聞かせようとするがやはり誰一人会には出られない。怒った旦那は「店立て(たなだて:家主が借家人を追い出すこと)だーっ。」と言ってふて寝をしてしまう。そこで、気を利かせたお店の番頭が長屋の住人たちを義太夫の会に呼び旦那を煽(おだ)てて何とか義太夫の会を始めるが・・・

入船亭小辰さんの大師匠(師匠の師匠)は九代目入船亭扇橋師匠。扇橋師匠は三代目桂三木助師匠の弟子でしたが、三木助師匠亡き後五代目柳家小さんの門下に入りました。そういう理由で“入船亭”は“柳家”なのです。

粗筋を詳しくお知りになりたい方のために題名にリンクを張ってあります。


落語会アロハ揺さぶるビルの風 粋田化石



十日は暑くなると聞いていたのでアロハシャツを着て落語会に行きました。

【 夏シャツ なつシャツ 】 白シャツ  開襟 かいきん シャツ アロハシャツ クレープシャツ (季夏)
涼しげな生地や色合いのシャツ。開襟シャツのように胸を開ける工夫がなされている。(角川合本俳句歳時記第四版)

画像は全てフリー素材です






nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0