So-net無料ブログ作成

つなこさんから句が届きました六月九日 [俳句]

つなこさんから入梅の句が届きました。

路地 (1).jpg
画像はフリー素材です



家家の匂い満つ路地梅雨入る つなこ



路地と梅雨の取り合わせが日本風で、画像が無くてもその景色が浮かんできますね。

【 入梅 にふばい 】  梅雨入ついり  梅雨に入る 梅雨きざす (季夏)
太陽の黄経が八〇度に達したときをいい、新暦六月十一日ごろにあたる。しかし実際にこの日から梅雨が始まるわけではなく、各地の過去の平年値を見ても六月初旬から中旬にかけて梅雨に入ることが多い。↓梅雨(角川合本俳句歳時記第四版)



粋田化石の生息地は、梅雨入りした途端に梅雨らしい天気の一日でした。


昼飯は蕎麦か饂飩か梅雨の雨 粋田化石



【 梅雨 つゆ 】  梅雨ばいう   黴雨ばいう   荒梅雨あらづゆ  男梅雨 長梅雨 梅雨湿り 走り梅雨 迎へ梅雨 送り梅雨 戻り梅雨 青梅雨 梅雨の月 梅雨の星 梅雨雲 梅雨の雷 梅雨曇り 梅雨夕焼 (季夏) 
暦の上では六月十一日ごろの入梅から三十日間の期間をさすが、実際には梅雨前線は六月初旬から七月下旬まで停滞する。ただし北海道でははっきりとした梅雨はみられない。梅の実が熟すころなので梅雨、 黴かび の発生しやすい時期なので黴雨という。↓入梅 ・ 梅雨明 ・ 空梅雨(角川合本俳句歳時記第四版)



芒種来て炒飯の味濃くなりぬ 粋田化石



俳句の街まつやま『俳句ポスト365』に投稿した句です。

汗をかきながら炒飯を食べるというのもなかなか絵になります。

【 芒種 ばうしゆ 】 (季夏)
二十四節気の一つで、新暦六月五日ごろにあたる。 禾のぎ のある穀物を 播ま く時期の意から。このころから田植えが始まり、天候は梅雨めいてくる。(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0