So-net無料ブログ作成
検索選択

梟(ふくろう)が来る [俳句]

このところ家の裏にある籔に梟(ふくろう)が来てくれます。何故でしょうか、その声が聞こえるのは夜中ではなく日没から数時間くらいです。
冬に梟の鳴き声を聞くと凄惨な感じがするという理由で梟は冬の季語になるのだそうです。梟の鳴き声は「ぼろ着て奉公(ぼろきてほうこう)」「五郎助奉公(ごろすけほうこう)」と聞き做(な)しますが、確かに「ぼろ着て奉公」を冬に聞くと凄惨な感じに聞こえないこともないですね。夏に聞くと愉快に聞こえる梟の聞き做しはないものでしょうか。

ふくろう.jpg
画像はフリー素材です


「揃って彷徨」
「古くて廃校」
「こぞって反抗」
「誘って援交」
「至って健康」


梟や余熱残りし部屋の窓 粋田化石



【 梟 ふくろふ 】 ふくろ (季冬)
フクロウ科の鳥の総称で、 羽角うかく (飾羽)のない丸い顔をしている。全体に灰白色か褐色で、顔には目の上部に眉斑状の黒斑がある。ゴロッ、ゴロッ、ゴロッボーコーと鈍い声で鳴く。低山帯の森林に棲息するが、近年は数が減少した。夜間、音もなく巣から飛び立ち、野鼠や昆虫などを捕食する。梟は留鳥だが、冬の夜に梟の声を聞くと凄惨な感じがするので冬季になっている。(角川合本俳句歳時記第四版)

[1] フクロウ科の鳥。全長約50センチ、全身灰褐色。目が顔の前面に並び、くちばしは短く、鉤(かぎ)状。夜、羽音をさせずに飛び、野ネズミやウサギなどを捕食する。ユーラシアの温帯・寒帯に広く分布。日本でも平地林にすむ。《季 冬》「―の来ぬ夜も長し猿の声/北枝」
[2] フクロウ目フクロウ科の鳥のうち、頭に耳のような飾り羽をもつミミズクを除くものの総称。フクロウ・シロフクロウ・アオバズクなど。大部分は夜行性。
(大辞泉第二版)






nice!(35)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 35

コメント 6

green_blue_sky

フクロウが訪れるお庭はあまり聞かないです。
鳴き声、早朝ではないのでよかったですね(^▽^;)
by green_blue_sky (2017-05-24 21:48) 

馬爺

フクロウは可愛いですよね、特に寝ている姿がなんとも云えないですね。
by 馬爺 (2017-05-25 14:19) 

粋田化石

green_blue_skyさま、有難うございます。
梟はなぜだか宵の口だけ啼くようです
by 粋田化石 (2017-05-25 21:34) 

粋田化石

馬爺さま、有難うございます

裏の藪で啼く梟の姿も見てみたいのですが姿はまだ見たことがありません。
by 粋田化石 (2017-05-25 21:36) 

えくりぷす

私は、フクロウの声を聞いた覚えがありませんでしたので、Youtubeで聞いてみました。
一般的には、ホーホー♪ゴロスケホーホー♪とか。
それより粋田化石さんのお考えになったものが面白いですね。とくに4番目!
by えくりぷす (2017-05-26 18:04) 

粋田化石

えくりぷす様、有難うございます

鳥の鳴き声の聞き做しを考えるのは意外と楽しかったです。
何年か前にTVでやっていた『ボキャブラ天国』のようでした。
by 粋田化石 (2017-05-27 19:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0