So-net無料ブログ作成

つなこさんから句がとどきました [俳句]

つなこさんから俳句が届きました

DSC_1745.JPG



新緑に憂鬱な朝を解き放つ つなこ



句が届いたのが月曜日。
わかるな~この気持ち。粋田化石も月曜日の朝は憂鬱です。
それでも気付けば初夏の風が吹く爽やかな新緑の季節になりました。さあ気持ちを切り替えて今週も労働に汗を流しましょう。
【 新緑 しんりよく 】 緑さす 緑夜 (季夏)
初夏の若葉のあざやかな緑。単に緑といえば夏 闌(た) けたという語感がある。↓新樹
(角川合本俳句歳時記第四版)


5月9日 (3).JPG



いつの間に絶滅危惧種鯉のぼり つなこ



鯉のぼりを見なくなったという私の記事を読んでつなこさんが送ってくれた句です。
ちょっと川柳のようにも思える句ですね。面白いので載せました。
どうか、鯉のぼりには増殖してもらいたいです。



5月9日 (4).JPG


冒険の子猫母から二メートル 粋田化石



5月9日 (5).JPG



みゅうと鳴きみゃあと答える立夏かな 粋田化石



餌だけ食べにくる野良が子供を披露してくれました。子猫の数は二匹。生まれたばかりのころは四匹いたのですが半分になってしまいました。
母猫が餌を食べている間は親から少し離れて、黒い方はみゅうみゅう鳴いて蹲(うずくま)り、白い方はヨチヨチ歩いていました。私が子猫の傍によっても母猫は怒る様子もないので写真に収めさせてもらいました。
子猫は春の季語ですので、ちょっと季節を外してしまいました。
三匹いる猫のうちトラが母猫です。

5月9日 (2).JPG

【 猫の子 ねこのこ 】 子猫 猫の親 猫生まる (季春)
猫の繁殖期は不定であるが、一~三月、五~六月に多く見られ、約二か月の妊娠期間を経て出産する。子を孕んだものうげな親猫、出生してまだ目のあかぬ子猫、離乳し遊び始めたころの子猫、いずれも可愛い。↓猫の恋
(角川合本俳句歳時記第四版)

【 立夏 りつか 】 夏立つ 夏に入る  夏なつ 来きた る  夏なつ 来く る (季夏)
二十四節気の一つで、新暦五月五日ごろにあたる。暦の上ではこの日から夏が始まる。活気に満ちた季節の到来を感じさせる。 (角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(31)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 31

コメント 12

ニッキー

うちのアルやニケが生まれた頃を思い出しちゃいました♪( ´▽`)
by ニッキー (2017-05-09 08:50) 

馬爺

おはようございます。
昨日は新緑も霞むような黄砂が酷かったです、富士山までもが霞んでおりました。

野も山も
霞めてしまう
黄砂かな

新緑に
泳ぐ鯉たち
元気だね


下手な物ばかり書いてます(^_^.)
by 馬爺 (2017-05-09 10:26) 

いっぷく

鯉のぼりをあげられるような庭のある家は
都会では少ないですね。
ベランダからおもちゃみたいな鯉のぼりが
見えることはありますが、大空を泳ぐりっぱな鯉のぼりは
個人宅ではこのところ見ていません。
by いっぷく (2017-05-09 12:17) 

うーさん

初めまして。他のブログから訪問させてもらいました。老母が裏で何かが光ってる、そう喚いていたので、裏の家の壁ではないか、そう答えておきましたが裏の家(大手建築メーカーの注文住宅ですから築ン十年という我が家よりも立派です)の鯉のぼりの風車の銀輪の光でした。昨年越してきたばかりで町内の住民年齢を下げてくれました。
by うーさん (2017-05-09 15:56) 

粋田化石

ニッキーさま、有難うございます
今回の記事のニャンたちはあまり器量良しではありませんが、動物の子供というのは可愛いですね。
by 粋田化石 (2017-05-09 21:21) 

粋田化石

馬爺さま、私は黄砂には気づきませんでした。
富士山も霞んで見えたのですね。
by 粋田化石 (2017-05-09 21:26) 

粋田化石

いっぷく様、有難うございます

庭の広い田舎では子供がいないらしく、鯉のぼりを見ないのかもしれません

by 粋田化石 (2017-05-09 21:29) 

粋田化石

うーさん様、ご訪問有難うございます
鯉のぼりが身近で見られてうらやましいです
やはり、季節感は大切です
by 粋田化石 (2017-05-09 21:37) 

KENT0mg

やはり、謎の女性ですね。余計な飾りがなく、真正面からズド〜ン、気持ちがいいです。
2メートルの子猫は、初めてのおつかいを思い出しました。
by KENT0mg (2017-05-10 08:18) 

えくりぷす

「子猫」は春の季語なんですか、難しいですね(勉強になります)。
そういえば、「爽やか」は秋の季語なんで、今の季節の気分を表現してはいけないと聞いてビックリした覚えがあります。
by えくりぷす (2017-05-10 14:56) 

粋田化石

KENT0mgさま、有難うございます
つなこさんの感性には驚かされてばかりです

by 粋田化石 (2017-05-10 21:07) 

粋田化石

えくりぷす様、有難うございます
季語の季節の決め方には、社会的背景、文化、歴史等色々あって先人たちが一生懸命に考えてくれたようです。
by 粋田化石 (2017-05-10 21:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0