So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

石蓴(あおさ) [俳句]

石蓴 (1).jpg


石蓴と書いて“あおさ”と読みます。海の近くにお住いの方ならご存知かもしれません。海岸を緑一色に染めてしまうあの海草です。
私も、俳句の街まつやま『俳句ぽすと365』の兼題で知りました。石蓴は春の季語です。
ちょっと珍しいので載せてみました。

石蓴 (2).jpg


 
陸と海向いて二人は石蓴採る 粋田化石


岩の上、背中合わせの二人が石蓴を採っています。


石蓴 (1).png



石蓴採る囃子詞は空の鳶 粋田化石


港が近い海岸には鳶(とび・とんび)が付きものです。一定の律動で採られて行く石蓴。それを見ている鳶が空から囃子詞(はやしことば)を挟む。そんな情景の句です。

【 石蓴 あをさ 】 石蓴採り  (季春)
日本各地の沿岸で普通に見られる緑色の海藻で、アオサ科アオサ属の総称。日本には約一〇種が生育する。広い葉状の体に大小さまざまな穴があいている。生殖は春から夏にかけて行われることが多い。乾燥させ、粉末にしてふりかけに混ぜたりして食する。(角川合本俳句歳時記第四版)



画像は全てフリー素材です

nice!(30)  コメント(6) 

2月14日、バレンタインの日に頭に浮かんだ川柳と俳句 [川柳]

アイコンシェル.png
スマホからバレンタインのカードをいただきました



怪獣という名のチョコ.jpg



怪獣の名のチョコ並ぶバレンタイン 粋田化石


大怪獣ゴディバ対ショコラ!
私にとってゴディバという名前は怪獣の名前にしか聞こえません。



ぎり.JPG



義理欠かれバレンタインの午後静か 粋田化石


義理チョコなるものも殆ど頂かなかったので、3月14日が楽です。決して負け惜しみで言っているのではありません。フフフ・・・・・
【 バレンタインの日 ばれんたいんのひ 】 バレンタインデー  (季春)
二月十四日。ローマの司教聖バレンタインが殉教した日。ローマ神話と結びつき、恋人同士が贈物を交わす日になった。日本では女性が男性に愛を告白できる日として、チョコレートを贈ったりするようになった。



工事中.JPG



春めける工事避ければまた工事 粋田化石


運転をしていると道路や電線の工事ばかりに遭遇します。この先は確か工事中だと迂回するとそこでも工事をやっていたりします。
【 春めく はるめく 】  (季春)
寒さがゆるみいかにも春らしくなること。気温が上昇し、木々の芽も動き始める。↓仲春



道路掘る白き軍手や風光る 粋田化石


工事は邪魔ですが、工事をしている人は一生懸命に仕事をしているわけです。
『風光る』という素敵な季語を見つけました。
【 風光る かぜひかる 】  (季春)
春になって日差しが強くなると、吹く風もまばゆく感じられる。↓春風






nice!(18)  コメント(0) 

梅の花咲いた [俳句]

梅の花咲いた

夕方、雨催い(あまもよい)の中で庭の梅を見ました。今年は花の数が少なく少し寂しい春の我が家です。その梅の花はしっとりとしていて妙齢の女性を思わせました。
自動焦点のカメラで梅の花のような小さな被写体をねらう時は、なかなか焦点が合わずに毎回苦労します。その代わりデジカメは接写に向いているらしく、随分近くによっても焦点があうのでその点は助けられます。

梅の花 (2).JPG



しっとりと娘盛りの梅の花 粋田化石


妙齢の梅です。



梅の花 (1).JPG



雨催い俯きの梅見上げけり 粋田化石


俯(うつむ)き気味の花を見上げると雨催(あまもよ)い。


梅の花 (3).JPG



梅咲けど彼奴は彼奴嫌いなり 粋田化石


後ろ向きの句です。折角梅が咲いたのに彼奴(あやつ)のことを思い出してしまいました。


【 梅 うめ 】  好文木(かうぶんぼく) 花の兄  春告草(はるつげぐさ)  野梅やばい  白梅  臥竜梅(ぐわりようばい)  豊後梅(ぶんごうめ)  枝垂梅(しだれうめ) 盆梅 老梅 梅が香 夜の梅 梅林 梅園 梅の里 梅の宿 梅月夜 梅日和 梅二月  (季春)
バラ科の落葉小高木の花。中国原産で、日本へは八世紀ごろには渡ってきていたとみられる。『万葉集』には一一九首もの梅の歌が収められ、花といえば桜よりも梅であった。春先、高い香気を放って 馥郁ふくいく と咲く。水戸市の偕楽園や奈良県月ケ瀬などは梅の名所。↓梅見 ・ 探梅(冬)(角川合本俳句歳時記第四版)

あま‐もよい【雨▽催い】‐もよひ
今にも雨が降りだしそうな空のようす。雨模様。あめもよい。(大辞泉第二版)

あ‐やつ【▽彼▽奴】
[代]三人称の人代名詞。ののしったり、あなどったりするときのやや古めかしい言い方。あいつ。きゃつ。「―にできる訳がない」(大辞泉第二版)






nice!(22)  コメント(8) 

2月10日 つなこさんから句が届きました [俳句]

2月10日 つなこさんから句が届きました

恩師.jpg
画像はフリー素材です



春きざす街で恩師の顔浮かぶ つなこ



北陸の方には申し訳ありませんが、千葉県では比較的過ごしやすい毎日にホットしています。
そんな中、つなこさんが春めいた句を送ってくれました。
恩師の顔が思い浮かぶ春というのは、卒業の時でしょうか、入学の時でしょうか、それとも卒業してから暫くたってからの春のことでしょうか。どんな先生だったのかちょっと聞いてみたいですね。

春 時候
【 春 はる 】 陽春 芳春 三春 九春  (季春)
立春(二月四日ごろ)から立夏(五月六日ごろ)の前日までをいう。新暦ではほぼ二、三、四月にあたるが、旧暦では一、二、三月。三春は初春・仲春・晩春、九春は春九旬(九十日間)のこと。陽春・芳春は春をさす漢語。(角川合本俳句歳時記第四版)



犬.JPG



春めきて犬より三歩先を行く 粋田化石



寒さが緩んでくると少しだけ行動的になって、歩く速度も速くなります。

【 春めく はるめく 】  (季春)
寒さがゆるみいかにも春らしくなること。気温が上昇し、木々の芽も動き始める。↓仲春(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(21)  コメント(0) 

兼題 薇(ぜんまい) [俳句]

俳句の街まつやま『俳句ポスト365』の話題です。今日二月七日締め切りの兼題は『薇(ぜんまい)』です。
薇は開く前には『のの字』や『握りこぶし』に見えますので、粋田化石もそのような句を投稿しました。

下の三句は投稿しなかった句です。

薇 (1).jpg
画像はフリー素材です



薇にぱー出すわれぞ心無し 粋田化石



薇 (2).jpg
画像はフリー素材です



親指を立てて薇グッドジョブ 粋田化石



薇や俯きのの字書くばかり 粋田化石




【 薇 ぜんまい 】  狗脊(ぜんまい)  紫萁(ぜんまい) おに蕨 いぬ蕨  (季春)
ゼンマイ科の夏緑性の歯朶。胞子葉と栄養葉とがあり、栄養葉の若芽は蝸牛状に巻いていて、綿毛に覆われている。早春、まだ展開しない栄養葉の若芽を摘んで乾燥させたものが食用にされる。(角川合本俳句歳時記第四版)

のの字(じ)を書(か)く
指先で、ひらがなの「の」を書くようなしぐさをする。若い女性が恥ずかしがったり、すねたりするときのしぐさをいう。→のの字 (大辞泉第二版)






nice!(21)  コメント(2) 

柊(ひいらぎ)植える [日記]

節分の日に関心を抱いた『柊』を早速求めました。よく見ると日本の柊とはちょっと違うみたいですが、柊ですので細かいことは大目に見ていただきましょう。
これまでの人生で、風水とか占いとか陰陽道を信じてきたわけではないのですが、柊は邪気を祓うということなので鬼門である北東に植えることにしました。こんなことをするなんて、私も爺さんになった証拠かもしれません。
さて、植える場所が北東ですし、しかもその方向には隣家があって日当たりが悪い場所ばかり。何とか西日が当たる場所に植え付けました。
植物のことは詳しくないので、植えた後に本当にこんな寒い時期に植えて大丈夫なのだろうかと少々不安です。
まだまだ身の丈50㎝ほどの柊ですが、早く大きくなって我が家を守っていただきましょう。

柊の木 (4).JPG



北東に柊植うる古きわれ 粋田化石


柊の木 (7).JPG



鬼門から柊家を見つめけり 粋田化石




おんよう‐どう【▽陰陽道】オンヤウダウ
中国伝来の陰陽五行説に基づき、天文・暦数・卜筮(ぼくぜい)などの知識を用いて吉凶・禍福を占う方術。朝廷は早くからこれを採用、陰陽寮を設け、平安時代には全盛を極めた。おんみょうどう。(大辞泉第二版)

き‐もん【鬼門】
[1] 陰陽道(おんようどう)で、邪悪な鬼が出入りするとして万事に忌み嫌われた艮(うしとら)(北東)の方角。また、その方角にあたる場所。
[2] 行くと悪いことに出あう場所。また、苦手な人物や事柄。「あそこの家はどうも―だ」「数学は―だ」(大辞泉第二版)

ひいらぎ【×柊/×疼木】ひひらぎ
[1] モクセイ科の常緑小高木。山地に自生。葉は卵形で厚く、縁にとげ状のぎざぎざをもち、対生する。雌雄異株。10、11月ごろ、香りのある白色の小花を密生し、楕円形で黒紫色の実を結ぶ。生け垣や庭木とされ、材は器具・楽器・彫刻などに用いられる。節分には悪鬼払いとして、枝葉にイワシの頭をつけて門口に挿す。ひらぎ。《季 冬》「―の花にかぶせて茶巾(ちゃきん)干す/みどり女」
[2] スズキ目ヒイラギ科の海水魚。全長約15センチ。体色は青みを帯びた銀白色。体は卵形で体高が高く、側扁が著しい。ひれに小さなとげをもつ。口は小さいが長く伸ばすことができ、食道を取り巻いて発光細菌が共生していて発光する。本州中部以南に産し、食用。《季 秋》(大辞泉第二版)






nice!(20)  コメント(3) 

冬の夜の妄想 [俳句]

二月五日の夜に記事を更新しようと思ったら、so-netブログにログインできませんでした。私だけかな~。

夜の田舎道を自動車で走る際、踏切や交通信号で停車した時に写真を撮ったりします。勿論それは自分の前方後方に別の自動車がいない場合限定です。

冬の夜 (5).JPG


電車が踏切を通過して遮断機が上がると景色はまた寒々とした冬の夜に戻りますが、その景色の大きなずれが私には何だかとても愉快な出来事です。そういう時は自動車を直ぐには発進させないで、ほんの数秒間ですが寒夜の景色を味わうことがあります。

踏切の脇の暗闇から妖怪が乗っているような怪しい列車が現れて、私の目の前を通過していかないだろうか。こんな妄想にふける夜でした。


冬の夜や暗き踏切渡る影 粋田化石



冬の夜 (1).JPG



遮断機の上がれば元の夜半の冬 粋田化石




【 冬の夜 ふゆのよ 】  夜半(よは)の冬(ふゆ)  寒夜(かんや)   (季冬)
冬は寒気が厳しく物寂しいだけに、外から帰って灯火を囲む団欒のひと時に心身が温まる思いがする。(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(18)  コメント(2) 

立春大吉 [俳句]

立春の今日、午前中の千葉県東部地方は比較的穏やかな気候でした。そんな立春の日に雲雀(ひばり)の囀(さえず)りを聞きました。私には初鳴きです。まるで暦を知っているかのように立春の日に囀りを聞かせてくれるとは、なかなか粋な雲雀です。
二月は春の季語です。

雲雀.jpg
画像はフリー素材です



暦知る二月四日の雲雀かな 粋田化石





昼間、日当たりの良い場所に車を止めて景色を眺めていたら、鶫(つぐみ)の姿が目にとまりました。鶫は北の方を向いて背伸びをしていました。しかも、一分以上その姿勢のまま動きませんでした。まるで、もう少し暖かくなったら帰る北の国を想っているかのように見えました。
鶫は秋の季語です。

鶫.jpg
画像はフリー素材です



立春の鶇北指し背伸びかな 粋田化石





立春ということで、春の兆しを探したのですが、雲雀のおかげで簡単に見つけることが出来ました。

立春大吉.jpg
画像はフリー素材です



立春の兆し求めて歩きけり 粋田化石





【 立春 りつしゆん 】 春立つ  春(はる)来(きた)る 立春大吉
二十四節気は一年を二十四に分けたもので、立春はその一つ。節分の翌日にあたり、新暦の二月四日ごろ。暦の上ではこの日から春になる。寒気のなかにもかすかな春の兆しが感じられる。(角川合本俳句歳時記第四版)

【 雲雀 ひばり 】 告天子 初雲雀 揚雲雀 落雲雀 朝雲雀 夕雲雀 雲雀野 雲雀籠 雲雀笛  (季春)
スズメ目ヒバリ科の留鳥で、雀よりひと回り大きく、茶色。草原・河原・麦畑などに枯草や根で皿形の巣を作る。巣から飛び立つときは鳴きながら真っ直ぐに舞い上がり、ついで急速に舞い降りてくる。春の野に空高く朗らかに「ピーチュル」と囀る姿は昔から親しまれてきた。↓冬雲雀(冬)(角川合本俳句歳時記第四版)

【 二月 にぐわつ 】  (季春)
月の初めに立春がある。早春・春浅しといった気分の頃で、寒さはなお厳しい。季節風も強く、大陸から寒波の襲ってくることもあるが、しだいに日は長くなり春らしくなっていくのが感じられる。新潟・富山県などの豪雪地帯では二月の降雪が一~二メートル前後に及ぶ所もあるが、関東地方では鶯の初音が聞かれ、梅も開く。↓如月(角川合本俳句歳時記第四版)

【 鶫 つぐみ 】  (季秋)
鵙より少し大きいヒタキ科の鳥。十月の終わりごろ、大挙して大陸から渡ってきて、主に山地の森林に棲息。冬は田園に現れる。キイ、キイー、またはクワッ、クワッと鳴く。肉が美味なため、古来捕食されたが、現在は捕獲が禁じられている。(角川合本俳句歳時記第四版)

りっしゅん‐だいきち【立春大吉】
立春に禅寺やその檀家の門の左右にはる紙札の文句。また、その紙札。《季 春》(大辞泉第二版)







nice!(16)  コメント(6) 

節分 [俳句]

節分ですね
豆まきはもうお済ですか。
暦では明日から『春』ですので、『節分』はぎりぎり冬の季語なのですね。

赤塚不二夫の鬼の面 (2).jpg赤塚不二夫の鬼の面 (4).jpg



節分や優しき顔の鬼の面 粋田化石


赤塚不二夫の鬼の面 (3).jpg赤塚不二夫の鬼の面 (1).jpgimg_oni_mask_1984.jpg



節分や赤塚不二夫の鬼の面 粋田化石



随分以前のことですが、豆まきの豆に付いてくる赤塚不二夫の鬼の面の絵が大好きでした。「節分や優しき顔の鬼の面」の句はその鬼の面のことを詠んでいます。
画像は『でん六マメ』のHPより拝借しました。タモリ風のもありました。


柊挿す (3).JPG



柊を挿して暫く立ち話 粋田化石



柊挿す (2).JPG


知人宅で丁度柊(ひいらぎ)を挿(さ)しているところに遭遇しました。その知人宅には柊の木があるそうで、「いいな~、いいな~。」と言っていたら我が家の分も枝を摘んできてくれました。そうして句にあるようにその後暫く立ち話をしました。
季語は『柊挿す』です

柊挿す (4).JPG



柊を挿して出口を塞ぎけり 粋田化石



柊挿す (1).JPG


逆転の発想の句です。
さあ、我が家の鬼は誰でしょうか。


【 節分せつぶん 】  (季冬)
立春の前日で、新暦二月三日ごろにあたる。もともと四季それぞれの分かれ目をいう語だが、現在は冬と春の境をいう。この夜、寺社では邪鬼を追い払い春を迎える意味で 追儺ついな が行われる。民間でも豆を撒いたり、鰯の頭や 柊ひいらぎ の枝を戸口に挿したりして、悪鬼を 祓はら う。↓追儺 ・ 柊挿す (角川合本俳句歳時記第四版)


【 柊挿す ひひらぎさす 】  (季冬)
節分に、焼いた鰯の頭を刺した柊の枝を戸口に挿す風習は全国的に行われている。鬼や邪気が家に紛れ込むのを防ぐ 呪まじな い。これを「 焼嗅やきかが し」といって、鰯の他に葱・ 辣韮らつきよう ・ 大蒜にんにく などの臭いものを挿したり、髪の毛を焼いたりする地方もある。(角川合本俳句歳時記第四版)








nice!(24)  コメント(0) 

1月31日 つなこさんから俳句が届きました [俳句]

つなこさんから句が届きました

長電話.jpg
画像はフリー素材です



日脚伸ぶ北に住む子が話し出す つなこ



『日脚伸ぶ』という季語が使われていますので、春がほんの少しずつ近づいているのがわかります。また、『北に住む子が話し出す』と続く言葉に暖かさを感じます。遠く離れて暮らしている娘さんが帰って来たのでしょうか、それとも電話がかかってきたのでしょうか。

【 日脚伸ぶ ひあしのぶ 】  (季冬)
冬至を過ぎれば昼の時間は僅かずつ伸びてゆくことになるが、それを実感するのは、一月も半ばになってからである。春が近づく喜びがただよう。(角川合本俳句歳時記第四版)


皆既月食2018.1.31 (3).JPG



幼き日「怪奇」月蝕恐ろしき つなこ



1月31日の晩は皆既月食でした。
これは、皆既ではなく『怪奇』とした洒落の句です。子供の頃つなこさんは、音に聴く『かいきげっしょく』を『怪奇月蝕』と思っていたようですね。月蝕の仕組みを知らない人には、確かに『怪奇』かもしれません。

皆既月食2018.1.31 (5).JPG



冴ゆる夜の月は残らず喰われけり 粋田化石



皆既月食2018.1.31 (1).JPG


地球の陰に入ってしまった月は赤く見えるのですね。月がいきなり欠け始めて赤黒くなってしまったら、大昔の人達には怪奇現象にみえたかもしれません。

【 冴ゆ さゆ 】 月冴ゆ 星冴ゆ 鐘冴ゆ  (季冬)
冷え切った空気のなかで感じる寒さ。「月冴ゆ」「星冴ゆ」「鐘冴ゆ」のように光や音がくっきりと感じられるさまにもいう。↓冴返る(春)(角川合本俳句歳時記第四版)






nice!(23)  コメント(4) 
前の10件 | -